スマートフォン解析
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不労所得で旅したい!

元バックパッカーが、55ヶ国渡航した経験に基づくマイルの賢い使い方、お得な航空券、海外旅行のノウハウ等を書き連ねてます。(現在、ビジネスクラスで世界一周中(一時帰国中))

台北・香港のオススメ足つぼマッサージ店を紹介

f:id:poyatrip:20161027002324j:plain

恥ずかしながら、足つぼマッサージマニアなんです。
海外へ行ったときは、必ず足つぼマッサージ屋を探して回るくらい。
東はニューヨーク、西はアムステルダム、南はメルボルンまで世界各地で体験してまいりました。
欧米で?と首を傾げる向きもあるでしょうが、チャイナタウン他アジア人街に行けば大抵見つけられます。

足つぼ店探して何千里(?)、年数にしてかれこれ*0年近くなるでしょうか。
これくらい経つと体にガタが来ているので、痛みを感じる反射区が増えるかと思いきや、若い頃とそれほど変わらなかったりします。
健康なのか、単に刺激に慣れたのかはよくわかりませんが…

それはさておき。

折を見て、世界各地で良かったと思った店を紹介して行こうと思います。
方針としては、あくまで「厳選」。
国・地域によっては乱立している状況ですが、本当に良い店は限られているからです。

当ブログの内容に馴染まないとお思いの方。
長時間機内に居ると、足がパンパンになりませんか?
修行による足のむくみを取るのに、足つぼマッサージは最適なんです。
終わった後、健康になったかどうかはともかく、靴を履いたその時に効果を実感できること間違いなしです。
さっきまではきつかった靴が、ブカブカになっているではありませんか!

実は日本国内では(料金が高いという理由もあって)あまり行かないのですが、わざわざ海外で行きたがるのは(料金が安いというのもありますが)機内で酷使した足を癒したいからなんだろうなあと思って今日に至ってます。

ということで、よせばよいのにコレで一つカテゴリを作ってしまいました。

ただ、店自体評判が良くても、施術者間に技術の差があったり相性の問題があったり、ある程度の「当たりはずれ」は避けられません。
あと、場所や料金は頻繁に変わる場合があるので、行かれる際には改めて情報収集されることをお勧めいたします。

【もくじ】

台北のオススメ足つぼマッサージ店

手法の一つに『台湾式』と呼ばれるものがあるくらい、足つぼ文化が相当発達しています。
料金は概ね日本の1/2~2/3くらいで技術は割かし安定、「ハズレ」を引く確率は高くなかったような印象を持ってます。
少なくとも「金返せ!」と思ったことはないですね。私の場合は。

活泉足體養身世界 民権店

住所 台湾台北民權東路二段134號(行天宮交差点そば)
電話 02-2571-2017
時間 9:30~24:00(定休日なし)
料金 40分550元 
技術 ★★★★★(正統派台湾式)
強さ ★★★★☆(痛キモチ良いよりは強め)

f:id:poyatrip:20161027002959j:plain

宿泊したランディスホテルの近くにあり、「ネットで評判が良いみたいよ」と家族に勧められて行ってみたら、まあ上手なこと。
技術に感動して、帰りに翌日の予約をしたくらい。
で、翌日受けたら、施術師は別の人でしたが、前日とそん色ない技術でその安定っぷりにまた感動。
適確な強さで確実に反射区をピンポイントで刺激、途中、無意味(時間つぶし?)に足を擦ったり等の無駄な動作がありません。
まるで芸術作品を見ているようでした。その熟練した技術にメロメロ。強めが好きな方には特におすすめ。
日本の方がオーナーだそうで、道理で技術が安定していると思いました。
夕方以降は地元の人が受けにきて混むので、出来れば予約することをお勧めするとのことでした。

実は、他にも良かった店はいくつかあったのですが、ココを体験してからは「もう、ココ以外行かなくても良い!」と思いました。
リピート確定です。
もっとも、それ以来台湾には行けてませんが…あの目くるめく経験を思い出すたびによだれが出そうになります。

香港のオススメ足つぼマッサージ店

最も訪問回数が多い国でありまして、ガイドブックに載っているような有名店からローカル向けの安い店まで様々な店へ行きました。滞在中は必ず1~2日に1回は通ってて、延べ100回くらいは行っているはず。

ただ、香港ではいまだにコレと言ったお勧め店を見つけることができません。
逆に、こちらが紹介してほしいくらいです。
料金はピンキリですが、概ね台湾と同じか少し安いくらい。ただ、技術は安定していません。
理由は後述。「金返せ!」と何度思ったことか!!!

美足情深

住所 旺角通菜街91號亞皆老街36-38交界口 龍飛大廈1樓 D室 (MTR旺角駅そば)
電話 2789-8148
時間 24時間営業と書いてあった
料金 45分98HK$ 
技術 ★★★★☆(正統派?台湾式 ちょっと違うかなあと思う時も)
強さ ★★★☆☆(わりかしキモチ良い感じ)

f:id:poyatrip:20161027004916j:plain

ココは何度か行ってまあ(値段の割に)良い感じだったので紹介しておきましょう。
客引きがいたりとかマンションの1室とかピンクの店内とか一見怪しげですが、ちゃんとしてますのでご安心を。
私がたまたまハズレを引かなかっただけかもしれませんので、ダメだったら運が悪かったということでご容赦を。

光大足療中心

住所 尖沙咀北京道57號國都大廈8F(MTR尖沙咀駅そば)
電話 2789-8148
時間 11:00~24:00(定休日なし)
料金 現地のJCB香港を通じて予約すること推奨(安くなる) 
技術 ★★★★☆(正統派台湾式)
強さ ★★★☆☆(わりかしキモチ良い感じ。人によっては少し痛いかも?)

観光客には尖沙咀にあるこちらが便利でしょうか。
初香港からお世話になっていて、家族や知り合いを連れていくときにはココを案内してます。
慣れない人にとって、旺角へ行くのはハードルが高いそうですので。

フツーの施術師に当たる割合の方が多いのですが、たまに”これは!”と思う施術師に当たりました。
上手な人は、どんどん独立していっているようですね。
流行り廃りが激しいこの業界で20年間以上潰れずに残っているのは、技術が安定しているからか日本人がボられているからか。

価格破壊の波にのまれ、ココもずいぶん安くなりました。
それでも全般的に旺角の方が安いので、最近は行かなくなってます。
当時は、フツーは多いけどハズレを引く確率は低かったような気がします。

ちなみに、昔は足療医師?だというオーナーが別料金(50HK$くらいだったかな?)で「足裏診断」をするメニューがありました。
日本人が聞くと怪しい宗教をイメージしてしまいますが、真っ当な診断をしてくださりました。
アレ復活するといいのに…と、オーナーは今どうしているのかスタッフに聞いたら、「大陸でビジネスをしててしばらく帰ってこない。」とのこと。
お金に敏い香港人、ビジネス拡大に余念がないようです。

上で、だいぶ安くなった…と書きましたが、安くなった分施術レベルも下降気味。
理由は「香港の大陸化」がこの世界まで進んでいて、中国人労働者が大量に流入したからではないかと思ってます。
単純労働で元手いらずだから、就業しやすいのでしょう。最近、店内で聞こえてくるのは北京語ばかりです。
「脚底按摩(ジャオディアンモー(jiao di an mo))」の一言でOK。広東語の発音はわかりません。

だからと言って中国人がダメとかいうわけではなく、むしろ中国大陸(mainland)の施術レベルは上がっている感じなのですよね…

マカオ

相性が良くないのか、2回行って2回ともダメでした。
しかも2回ともしつこくチップをねだられたので、そう言う文化なのかとそれ以来マカオでは行くのをやめてしまいました。
最初から「小費随意」とか書いてあれば良かったのですが。
国境を越えて珠海で受けた方が安くてマシなレベル。

香港&マカオ。オススメがあったら、是非紹介してください!!


(あれ?最初の主旨と違うような…)