スマートフォン解析

不労所得でマイル旅 ~世界一周したら単身赴任に ~

元バックパッカーが、55ヶ国渡航した経験に基づくマイルの賢い貯め方使い方、お得な航空券、海外旅行のノウハウ等を書き連ねてます。現在、福岡で単身赴任中。

【重要】当サイトにおけるポイントサイトの紹介基準について


当サイトをきっかけに陸マイラーとなって下さった読者の皆様へ

日頃より、当サイトをご愛顧くださりありがとうございます。

最近陸マイラー×ポイントサイト界隈がざわついているようで、皆様の中には不安に思われている方がいらっしゃるかもしれません。

そこで、今後も安心して陸マイラー活動を行っていただくべく、改めて当サイトのスタンス等を示しておこうと記事を立てました。

不安を感じるようなことがありましたら、是非ご一読下さい。

当サイトにおけるポイントサイトの紹介基準

自分の中で以下「紹介基準」というのを決めていて、ある程度合致しているポイントサイトのみをお勧めするようにしています。

  1. 自分自身が登録済且つ利用体験があること(絶対条件)
  2. 個別案件紹介記事や体験記事が多い
  3. 1ポイントの価値がわかりやすい
  4. 航空会社マイルへ直接交換可能な道がある

ハタから見ると節操なく見えてしまっているのかもしれませんが、これでも節度をもってサイトを運営していたつもりです(笑)
ちなみに、僕が紹介しているサイトと基準の関連表は以下の通りとなっています。

サイト 1 2 3 4
モッピー 1P=1円 JAL
ハピタス 1P=1円 なし
ちょびリッチ 2P=1円 ANA・JAL

以前はポイントタウンやGET!MONEYも紹介していました。
が、そもそもの価値のわかりにくさに加え、雨金祭り終了後はめっきり紹介・案件記事も見かけなくなったこともあり、現在は対象外としています。

対象外とするまでの間に被紹介者となって下さった方々には謹んでお詫び申し上げます。
単に、ソラチカルートへ流せるからといった理由だけでは紹介対象としないというスタンスをご理解ください。

各サイトの評価(カッコ内は利用目的の位置づけ)

モッピー(主にJAL・国内線向け)
基準を満たしているだけではなく、1部上場会社且つ財務・経営の安定を確認できた安心感で職業柄自信をもって勧められる。
JALマイルキャンペーンの今後次第というのもあるが、NGだったとしても「ソラチカルート」あり。

ハピタス(主にANA・国際線向け)
航空会社マイルへの直接交換ルートがないのがチト不安だが、「ソラチカルート」あり。
個別案件の勢いや優位性は昔ほどではないようだが、陸マイラーによる個別案件記事や体験談の圧倒的多さは、これから利用しようとする読者にとって何よりの安心感。
自分自身の体験談が多いというのもあるが、ハピタスを紹介対象としているのはコレが最大の理由。

ちょびリッチ(ANA・JALセーフティネット)
ANA・JAL両方への直接交換ルートがあるので、いわばセーフティネット。「ソラチカルート」あり。
自分自身の利用価値としては、主にモニター案件。

企業分析結果の基準への反映について

当サイトでは、ポイントサイト別の分析結果を比較・公開しています。

分析結果の取扱いとしては基準内にあるサイトの「参考情報(優先順位等)」で、連続して赤字を出しているとか債務超過になっているとかを確認できない限り、 基準そのものには含めないようにしています。
それは、非公開でも会社の規模が小さくても実は優良企業であるという場合も想定され、「不明=NG」とは言い切れないからです。
僕自身は職業柄企業情報を重視するスタンスですが、よほどネガティブな情報がない限り、そこは皆様の判断に委ねても問題ないと考えています。
リスクの大小を測る物差しだと思っていただければ。

そういえば、先日、当サイトの記事を参考に方針決定されたブロガー様の記事を拝見しました。

www.smile-always.com

取り上げて下さって感謝!です。
他にも参考にされた方がいらっしゃいましたら、ぜひ取り上げてやってください。
飛び上がって喜びます(笑)

他サイト利用に関するガイドライン

読者の皆様におかれましては、他サイトをご覧になることもあるでしょう。
特に、当サイトでは「マイルを使う」を中心としているため「マイルを貯める」がどうしても手薄になってしまいます。
なので、ぜひ他サイトも積極的に活用して効率よくマイルを貯めて下さればと思います。

ただし、留意事項は大きく2点ございます。

1 読者とブロガーとでは行動原理が異なる

紹介目的のブロガーと、そうでない読者とではポイントサイトに対するスタンスは全く異なると思ってください。
読者がブロガーと全く同じように活動しても、ブロガーが享受するメリットと同様のメリットは読者には与えられません。
ブロガーのペースに巻き込まれり流されたりすることなく、ご自身の目的と照らし合わせて必要十分なポイントサイト、案件を選ぶようにしましょう。

戦略なき戦線拡大は、旧日本軍と同じ運命を辿ります。決して手を広げ過ぎないように。

2 参考にすべきサイトの絞り込み

どのサイトを信用すればよいのかよくわからないという場合もあろうかと思います。
以下のガイドラインを参考に、信頼できるサイトを見つけてみてはいかがでしょうか。

ポイントサイトの紹介について
  1. 「なぜ○○サイトを勧めるのか」等基本的な考え方が運営者自身の見解が示されていること
  2. その内容に読者自身が納得していること
個別案件記事の紹介について
  1. メイン/サブにかかわらず、運営者がおススメ且つ利用しているポイントサイトであること
  2. 運営者自身の体験談が記載されていること
  3. 失敗談があれば尚可
その他
  1. 考えを述べる際には、なるべく実体験や客観的なデータを提示できていること


ちなみに、上に書いた内容は自分自身が記事を書くときに気を付けていることだったりします。

本当にできているのか?自問自答していたのですが、最近、読者の方からDMで
資料がきちんとされているので信頼感がありますし……」のコメントをいただきました。
これ以上ない褒め言葉であり、執筆の原動力となっているところです。

当サイトは決して「耳触りの良い」部類とは思いませんが、最低でも皆様の拠り所となる「安心して信頼できる」サイトの一つでありたいと考えて運営しているところです。

皆様にとっては単なる気休めかもしれませんが、今後もどうかご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

今回は既存読者様向けの記事ですが、入会を迷っていたけど踏ん切りがついたという方がいらっしゃいましたら、各サイト名のリンク先から登録できますので、よろしければどうぞ。
モッピー
ハピタス
ちょびリッチ