スマートフォン解析

不労所得で旅したい!

元バックパッカーが、55ヶ国渡航した経験に基づくマイルの賢い使い方、お得な航空券、海外旅行のノウハウ等を書き連ねてます。現在、福岡で単身赴任中。

【陸マイラー必見】健全なポイントサイトはどれ?運営会社の企業情報・財務状況・業績から検証

ポイントサイトを利用してマイルを貯める陸マイラーにとって、てるみくらぶの倒産は他人事ではありません。

ポイントサイトの運営会社が突然倒産してしまえば、貯めていたポイントは紙くずとなるわけで(紙じゃないけど)、明日は我が身かもと心の準備をしておく必要があると、一連の騒動を見て感じました。

以前、以下記事にてハピタスとポイントタウンの安全性を検証しましたが、

www.poyatrip.xyz

今般、改めて他ポイントサイトも含めて比較してみました。

ポイントサイト選びの参考にしていただければと思います。

原則、HP上で公開している情報を元に比較していますが、非上場会社に関して『TDB会社情報』で入手した情報についてここで公開してよい判断がつかないため、当サイトでは全体として具体的な数値の公表は控え、ランキング形式で比較することとしました。

【もくじ】

会社規模の比較

ポイントサイト 設立 資本金
(百万円)
従業員数 株式 規模
モッピー 平成17年 1,380 約67名 上場(東証1部) 1位
ポイントタウン 平成18年 761 約128名 上場(マザーズ) 2位
げん玉 平成17年 425 約120名 上場(マザーズ) 3位
Get Money! 平成11年 211 約81名 非上場 4位
ちょびリッチ 平成16年 65 約15名 非上場 5位
ハピタス 平成16年 30 約38名 非上場 6位
Poney 平成18年 10 約13名 非上場 7位

経営状況及び財務状況の比較

ポイントサイト 売上高 純利益 利益率 二期黒 自己資本
モッピー 2位 2位 1位 1位
ポイントタウン 1位 1位 2位 2位
げん玉 3位 6位 6位 × 3位
Get Money! 5位 4位 5位 × 不明
ちょびリッチ 6位 5位 3位 不明
ハピタス 4位 3位 4位 4位
Poney 不明 不明 不明 不明 不明

純利益:税引後当期純利益
利益率:当期純利益/売上高
二期黒:二期連続で当期純利益がプラスの場合○
自己資本:自己資本比率

具体的な数値を知りたい方は、以下にて確認できます。

(参考)情報開示

GMOメディア株式会社(ポイントタウン)

GMOメディア株式会社
有価証券報告書
https://www.gmo.media/ir/upload_file/library_03/201612_yuukasyoukenhoukokusyo.pdf

その他

『TDB会社情報』で入手。490円なり。
TDB企業サーチ | 株式会社 帝国データバンク[TDB]

ハピタス: 株式会社オズビジョン(989436476)
GetMoney!:インフォニア株式会社(970044829)
ちょびリッチ:株式会社ちょびリッチ(986131326)
Poney:株式会社マーケットプレイス(不明)
かっこ内は企業コード。
株式会社マーケットプレイスは複数出てきたのですが、住所が一致する会社がなく入手を断念。

比較結果について

陸マイラーブログの「推し」順とは全く異なる結果になり、驚いたことでしょう。(ていうか私も驚きました(笑))
各サイトの詳細までは見ていませんが、ぱっと見はモッピーがダントツに優れています。

モッピー

昨年に大きな動きがあり、昨年12月にマザーズから東証1部に変更したそうです。
また、主に新株予約権の発行及び行使により、資本金が10億円増加しています。
資本剰余金も同じくらい増加し、自己資本比率の高さはコレが原因ですね。
業績も右肩上がりで、感想っぽくなってしまいますが、粉飾していなければ『美しい』財務・経営状況で、文句なしです。
ただし新たな資本金を業務拡大の財源にするようなので、今後の動向に要注目と言ったところでしょうか。

ぱっと見従業員が少なそうに見えますが、以前の3億円程度の資本金ベースなら違和感がないと思います。
業務拡大に合わせて、従業員を増やすのではないでしょうか。

ポイントタウン

財務・経営状況の美しさは、モッピーに負けていません。
むしろ、ユーザ側としては、目下の資本増強・業務拡大が見込まれないため安心して使えるのではないでしょうか。

げん玉

直近年度においては損失を計上したようです。
経常利益(毎年出る損益)はプラスだったものの、経理上のミスや誤認等で期中の決算発表を延期したようで、それにかかる監査対応費用が発生、そして減損損失を計上(突発的な損益)したことで最終損益が赤字になったとのこと。
基本的には、本業の儲け(営業利益や経常利益)を見ていくのですが、この特別損失等は印象が良くないです。
また、次期の利益見通しも30百万円と、何かあれば損失に転落してしまうくらい危うい状況。
自己資本比率も上2社の半分以下。うーん…

Get Money!

平成11年設立と、この界隈では老舗ということでしょうか。
ただ、それ以外はお勧めできる材料が見つかりません。
2期しか見られませんが、経営は不安定で自己資本も不明。

ちょびリッチ

不明なPoneyを除けば、最も規模が小さい会社。
売上規模もダントツに小さく、売上高利益率の高さがナゾ。

ハピタス

非上場の中では、最も健全っぽく見えます。
低いとはいえ自己資本(比率)も正直に載せてますし。
ただし。
事業規模に対して資本金が少なすぎと思いました。
経営者が積極的な事業展開や経営判断をするようだというのは前回記事で述べたとおりですが、資本金の少なさにそれが現れているのかもしれません。
利益剰余金で自己資本が充実していればよいのですが、上で書いた通り自己資本はぜい弱。
このあたり、何となくてるみくらぶと似ているような気がしますが…
前回記事で述べた「ハピタスの倒産を心配」は第六感が働いたということでしょうか。
こうしてみると、同サイトのルール「毎月のポイント数移行制限(30,000pt)」も何かワケがあるんじゃないかと勘ぐってしまいます。

Poney

企業情報を見つけることができなかったので、ノーコメント。

まとめ

  • 企業情報等から利用をお勧めするサイトは、モッピーポイントタウン
  • 他のポイントサイトを利用するのを妨げないが、速やかにポイント交換してポイントサイト上の残高をゼロにする等の対応をお勧め

前回の記事では「ポイントサイト利用の分散を」と書きましたが、同じような条件なら財務状況等が良く、株式公開等により情報開示が充実しているサイトに寄せた方がリスク分散を図れるような気がしました。

モッピーは登録しただけで利用したことがなかったりするのですが、この調査結果を機に使ってみようかと思います。

ポイントタウンは、他の陸マイラーに比べて利用している方だと思いますし、比較的友達紹介人数も多いです。

もし、この記事をご覧になって「登録してみようかな…」と思った方は、是非当記事内のポイントサイト名をクリックしてくださると嬉しく、この記事シリーズの更なる充実化を図る原動力となります。

今回は私が登録している全サイトを悉皆調査したわけですが、「他のサイトも調べてほしい」等の要望がありましたら、コメント欄か問い合わせにてご連絡いただければ対応致します。

以上、よろしくお願い申し上げます。