スマートフォン解析

不労所得でマイル旅 ~世界一周したら単身赴任に ~

元バックパッカーが、55ヶ国渡航した経験に基づくマイルの賢い貯め方使い方、お得な航空券、海外旅行のノウハウ等を書き連ねてます。現在、福岡で単身赴任中。

たった3ヶ月でビジネスクラスでハワイへ行ける方法とは<モッピーで最大効率を追求したJALマイルの貯め方を考案>


本日9月1日(金)から、「モッピー×JALマイルキャンペーン」が史上最高の還元率で実施されています。

キャンペーン概要はこちら
当サイトでは、キャンペーン詳細のほかオリジナル記事としてモッピー運営会社の安全性JALマイルの優位性まで踏み込んで解説しています。
www.poyatrip.xyz
これを機に、キャンペーン期間中はJALマイルを貯めるだけ貯めようと考えている方もいらっしゃるかと思います。ソラチカルート×ANAのように、18,000マイル/月の制限がないからです。が、実際本キャンペーンでどれだけ貯められるか?
例えば3ヶ月でハワイへビジネスクラスで行けるまで貯まるのか?が気になるところ。

本キャンペーンの特長は、

  1. ボーナスポイントが付与
  2. これまでにない高レートでモッピーポイントをJALマイルに交換可能
  3. 交換ポイント数の上限はなく、貯められるJALマイルは青天井

と大盤振る舞い。
これだけ見ると、「これなら簡単にビジネスクラスでハワイへ行けるかも?」と思ってしまいます。
しかし、以下の制限等もあり、

  1. 11月末迄の期間限定
  2. 効率よく貯めるには12,000P(6,000JALマイル)単位の交換申請が必要
  3. モッピーが指定する広告を毎月1回(9~11月で計3回)以上利用
  4. 交換申請のタイミングは24時間に1回のみ
  5. マイル及びボーナスポイントの付与まで時間がかかる

一筋縄ではいかなそうな雰囲気がプンプン。

が、公式サイトで紹介されている案件と手元のEXCEL両方を睨みながら何度も真剣に計算してみた結果、当サイト考案の手法「最大効率を追求したモッピーでのJALマイルの貯め方」を実践すれば、「3ヶ月・ハワイ・ビジネスクラス」が実現可能なことがわかりました。

f:id:poyatrip:20170831234729j:plain

果たして、どのようにすれば実現するのでしょうか。以下説明します。

1 JALマイルを効率よく貯めるために獲得すべきモッピーポイントを正確に把握する

問題です。
60,000マイル貯めるのに自力で獲得しなければならないモッピーポイントはいくらでしょうか?
キャンペーンで2P=1マイル計算だから120,000Pが答えでしょうか。
否。12,000P毎の交換で付与されるボーナスポイント(4,700P)を差し引いて考えなければなりません。
答えは、77,700P。なんだか縁起が良さそうなポイント数ですね。

他のマイル数も含めた、自力で獲得するポイント(以下自力P)とJALマイルの関連表は理論値で以下の通りとなります。

コース 自力P JALマイル
A 48,500 36,000
B 55,800 42,000
C 63,100 48,000
D 70,400 54,000
E 77,700 60,000
F 85,000 66,000
G 92,300 72,000
H 99,600 78,000
I 106,900 84,000

例えば、Aコースの場合は

申請時期 ボーナスP 自力P JALマイル 付与時期
10月上旬 0 12,000 6,000 10月下旬
10月下旬 4,700 19,300 12,000 11月上旬
11月上旬 9,400 14,600 12,000 11月下旬
11月下旬 9,400 2,600 6,000 12月上旬
23,500 48,500 36,000

Iコースの場合は

申請時期 ボーナスP 自力P JALマイル 付与時期
10月上旬 0 72,000 36,000 10月下旬
10月下旬 28,200 31,800 30,000 11月上旬
11月上旬 23,500 500 12,000 11月下旬
11月下旬 9,400 2,600 6,000 12月上旬
61,100 106,900 84,000

のような計算過程となります。

文章にすると

  1. 11月下旬に交換申請するのは12,000Pに留め、ボーナスPメインで申請すること
  2. そのためには11月上旬の交換申請は24,000P(12,000P×2)に留め、ボーナスPを9,400P(4,700P×2)にしておく必要
  3. そのためには自力Pを「なる早」で交換申請しておく必要

効率よくJALマイルを貯めるには

  1. 10月上旬(遅くとも下旬)までに自力Pを確保
  2. 11月の交換申請は必要最小限にする

がポイント。
それはすなわち12月上旬に付与されるボーナスPを最小限にするためであり、キャンペーンが終わってしまうとボーナスPのJALマイルへの交換レートが悪化するからです。

こんなに面倒なのは、案件の申込からポイントが付与されるのに時間がかかるのに加え、JALマイルに交換申請してボーナスPが付与されるまでにタイムラグがあるからなのですね。
公式サイトによると、
「付与時期は交換承認後、一週間程度を予定しています(土日祝日除く)」

上の計算では、自分自身の実績を勘案し、交換申請からボーナスP付与まで半月程度(申請翌旬)を見込んでます。
f:id:poyatrip:20170901000942j:plain
ボーナスPを含めて12,000P単位で交換申請する場合は、月末又は上旬締日(15日)ギリギリで回すことになりそうです。

それから、今から貯めようとしても9月中のポイント付与は厳しいことが分かったので、交換申請時期を10月以降としています。
最初9月下旬からの交換申請で計算していたのを全部やり直す羽目になり、涙目でした…(余談)

2 自分が行きたいところに必要なJALマイルとポイントを把握する

後先になってしまいましたが、「目標設定」を行います。

JAL公式サイトのチャートを参考に主要地域と主要クラスを抜粋した早見表を作りました。

モッピーキャンペーン×JAL国際線特典航空券 必要マイル早見表<通常マイル/往復>

f:id:poyatrip:20170831180100j:plain
(必要Pを自力Pと読み替えてください)

ビジネスクラスでハワイへ行きたい!場合は通常期で80,000マイル必要なので「Hコース」か「Iコース」。
手元に2,000マイルあればHコースでよい一方、Iコースだと4,000マイル余分になるので、以下のように自力Pを106,900Pから104,300Pに減らしても問題ありません。

申請時期 ボーナスP 自力P JALマイル 付与時期
10月上旬 0 72,000 36,000 10月下旬
10月下旬 28,200 31,800 30,000 11月上旬
11月上旬 23,500 500 12,000 11月下旬
11月下旬 9,4009,000 0 4,500 12月上旬
60,700 104,300 82,500

以下モッピー公式サイトから抜粋。

キャンペーン期間中のJALのマイルへのポイント交換について
キャンペーン期間中は、以下4種類の交換ポイントでの提供とさせていただきます。
・1,000P ⇒ 500マイル
3,000P ⇒ 1,500マイル
6,000P ⇒ 3,000マイル
・12,000P ⇒ 6,000マイル【4,500Pスカイサマーボーナス】

なお、エコノミークラスで行くなら40,000マイルなので「Bコース」となります。
2人分貯めなくてはならない場合は「Hコース」か「Iコース」。

3 具体的なポイント活動

どのようにしてポイントを貯めていけば良いのかを説明します。
コレから紹介するのはあくまでも一つの例で、他の案件でポイントを獲得しても構いません。
ただし、全案件共通で気にしなければならないのは

  1. なるべく早く申込すること
  2. ポイント付与までに要する日数が短いものを選択すること

です。先に説明した通り、付与時期が遅くなってしまうと思惑通りにJALマイルが貯まらないからです。
可能な限り10月上旬、遅くとも10月下旬までにポイントが付与される案件」が前提となりますので、くれぐれも注意してください。

実は、モッピー公式サイトを隅々まで眺めた結果、これが最大の難関であることが判明。

以下、9月1日早朝現在の案件ラインナップをベースに事例紹介しますが、今後もっと良い案件が追加されたり、既存案件の条件が悪化したりする場合があるので、都度モッピー公式サイトを確認するようにしてください。

目標マイル・コース別モデル

コース 累計P 個別獲得P 案件例 ポイント付与日(目安)
A 18,000 18,000 DMM FX 取引完了後20日前後
A 33,000 15,000 外為ジャパンFX 取引完了後20日前後
A 48,000 15,000 みんなのFX 取引完了後60日前後
A 49,200 1,200 ジャパンネット銀行 口座開設30日後
B 56,600 7,400 EPARKリラク&エステ×2 来店後30日前後
C 64,000 7,400 EPARKリラク&エステ×2 来店後30日前後
D 71,400 7,400 EPARKリラク&エステ×2 来店後30日前後
E 78,800 7,400 EPARKリラク&エステ×2 来店後30日前後
F 88,800 10,000 NTTグループカード 受取後30日程度
G 94,800 6,000 セディナカード 発行後30日程度
H 99,800 5,000 GMOクリック証券「FXネオ」 取引完了後30日前後
H 105,800 6,000 保険ポイント.com 30日前後

表を作成している間に月が変わり、NTTグループカードが8,000P(8,000円)から10,000P(10,000円)にUPしました。

f:id:poyatrip:20170901011131j:plain

ポイント付与条件がカード発行のみと緩く、付与時期も受取後30日と早いです。年会費も無料。
早速申し込もうとカード申込サイトを確認したところ、利用状況によってはポイントとは別に1万円キャッシュバックされるとのこと。
一発目の案件は、こちらで決まりですね!

【表の見方】
コース:Bコースの場合はA+Bの案件を実施。以下同様
ポイント付与日(目安):公式サイト記載の通り。

【案件抽出の考え方】

  1. キャンペーン条件「12,000PをJALのマイルへ交換&対象広告を9月以降毎月利用」下線の対象広告
  2. ポイント付与日が概ね30日以内
  3. 財布が痛まず持ち出しがゼロまたは少額
  4. 自分自身が利用済でリスクがないと判断している種類
  5. ネット上に利用体験記があふれている

1~5すべてを満たす案件

4と5について補足すると、4は当サイト「マイルを貯める」カテゴリ内に利用体験記を収めていますし、5は「○○○(案件名) マイル」とかで検索すると1ページや2ページでは収まらないくらい利用体験記が出てきます。
特に初めての利用で不安がある場合は、複数の利用体験記をご覧になることで概ね不安が払しょくされますので、当記事を読み終えてJALマイルの貯め方を理解した段階で、お時間のある時にでも検索してみてください。

【注意事項】
<その1>
付与までの期間については、申込日~○○日後ではありません。
以下を考慮しながら早めに申し込んでおきましょう。

案件内容 プラスで考慮する期間 目安
金融関係 申込から口座開設・取引までの日数 1~2週間
リラク 申込から来店までの日数 予約日次第
保険相談 申込から面談日までの日数 FPの都合次第

実際の付与日が早まることもありますが、最も確実なのは「クチコミ」を読むことです。
実際に付与されるまでに要した日数が体験談として書かれている場合があるからです。

保険相談はFPと複数回面談をしなければならない場合もあるので、早期ポイント付与案件としては厳しいかもしれません。
また、そもそもFPがつくかどうかという問題もあるので、優先順位を低めにしておくことをおすすめします。

<その2>
原則として、すべての案件を「なる早」で申込しましょう。
ただし、キャンペーン条件「12,000PをJALのマイルへ交換&対象広告を9月以降毎月利用」を満たすため、10月と11月に案件を実施する必要があります。
その対応としては、

  1. ジャパンネット銀行の口座開設を10月にする
  2. EPARKリラク&エステを10月と11月にも申し込む
  3. 「随時追加される案件」を待つ
  4. いわゆる100%還元案件で商品を購入
  5. 年会費無料のクレジットカードを10月と11月に発行

等が考えられます。
個人的には1⇒2⇒3の順で対応する予定です。

一方、状況次第では、無理に11月に対象広告を利用する必要がなくなる場合があります。
10月までの短期集中で実施する…とか。

<その3>
EPARKリラク&エステは月7回まで(同一店舗NG)という制限がありますので、8回以上マッサージを受ける場合は最低1回は10月頭(早ければ早いほど良い)に施術を受けるようにしてください。
あと、付与ポイントは頻繁に変動する可能性があるので、ポイントが高く皮算用できるうちに必要回数分の予約を済ませるようにしましょう。
(予約日は五月雨で構いません)

<その4>
一つだけ、ポイント付与日が60日の案件があります。
僕自身の経験で1ヶ月程度で付与されたこともあって抽出対象としましたが、不安であれば他の案件に差し替えてください。

以下が差し替え候補。

対象 種別 ポイント 案件名 ポイント付与日(目安) P変動
クレカ発行 7,000 エムアイカード 利用後30日前後
クレカ発行 6,000 ライフカード 発行後30日前後
クレカ発行 4,000 タカシマヤセゾンカード カード受け取り後最短7日
口座開設 1,000 岡三オンライン証券 30日前後
口座開設 1,500 じぶん銀行 開設後30日前後
口座開設 1,000 マネックス証券 1ヶ月以内
口座開設 1,200 マネパカード 30日前後
入会・登録 1,300 ニコニコ動画 30分以内
サービス 3,000 EPARKビューティー 来店後45日前後
保険相談 6,000 みんなの生命保険アドバイザー 面談後30日前後
FX取引 5,000 セントラル短資FX 取引完了後30日前後
FX取引 10,000 SBI FXトレード 取引完了後150日前後
P変動:8月から9月でUPしたものは↑、DOWNしたものは↓と表記

ただし、クレカ発行を増やすと月に3枚以上の発行とリスクが大きく、保険相談は上述の通り。
これらはあまりお勧めしません。
SBI FXトレードが早めに付与される設定だと悩むこともないのですが。
自分がやった時は1ヶ月程度で付与された記憶があるので、念のため掲載しています。

いざと言うときには

即P付与案件として
f:id:poyatrip:20170901015127j:plain

f:id:poyatrip:20170901014954j:plain

スマホ広告を利用すれば30分以内にポイントが付与されるので、コレで足りないポイントを埋めて早い時期に12,000P単位にしていきます。
上の事例で言うと、「ニコニコ動画」が該当します。
ただし、条件が「○○円コース登録」で実質「ポイントを買う」案件が多く、その場合は元手が必要。
必要なサービスを利用する場合を除いては、最後の手段と割り切りましょう。

まとめ

  1. キャンペーンを活用して効率よくJALマイルを貯めるのに最も重要な要素は「ポイント付与までの日数
  2. 「3ヶ月・ハワイ・ビジネスクラス」を実現するには早め早めに案件申込
  3. 新規陸マイラー向けの方法で、同種案件実施済の既存陸マイラーにとっては困難

一方、目標を達成するのに必要なのはあくまでも「ポイント数」なので「最大効率」に拘泥することなく、都度案件を追加して必要なポイントを満たすのも手ですし、旅行を急がないのであれば、「2度あることは3度ある」キャンペーンの再延長を期待してポイントを繰り越すのも手です。

ただ、いずれにしても「なる早」でポイントを貯めるようにしておくことが重要なのは変わらず、「もう少し待てばより良い案件が出てくるかも」「もう少し待てばP数がアップするかも」と様子を見ることは、本キャンペーン有効活用の観点から得策ではありません。
キャンペーン前後の交換レート差をカバーするだけの好条件であればよいのですが、最大3割程度(キャンペーン80%程度→通常50%程度)の差をひっくり返せるだけの条件UPはそうそうないものと思ってください。

当サイトのプランはモッピー公式サイトの内容と自分自身の交換実績を踏まえた計算結果であり、実際にはもう少しスピーディに貯められる場合もあるし、他の案件で「付与までの日数が60日」とかでも実際には1ヶ月程度で付与される場合もあります。様子を見ながら都度スケジュール管理していただければ。

今回は人気の旅行先「ハワイ」を事例にしましたが、目標は人それぞれだと思います。

皆様におかれましては、それぞれの目標に向かってJALマイルを短期且つ大量に貯めていきましょう!

ちなみに、僕の目標は「JALマイルでワンワールド世界一周」で、これまでの内容は自分自身がJALマイルをガンガン貯めるための調査だったりします。
が、既存陸マイラーにとってはどうも無理ゲーっぽいことがわかって凹んでいるところ。

せめてこの記事が少しでも皆様のお役に立てればと思い、調査結果を余すことなく公開した次第です。

当サイトでは、「モッピー×不労所得でマイル旅」タイアップ企画を実施中です。

以下バナーからモッピーに入会すると、当サイト限定特典として入会者へ500円分のモッピーポイントが付与されるというものです。
当サイトとしては、今回初めて自信を持って「Goサイン」を出しました。
この機会にどうぞ!

モッピー!お金がたまるポイントサイト

参考記事

数あるポイントサイトの中でモッピーをお勧めする理由を書いています。
www.poyatrip.xyz

当サイトでは、ポイントサイト紹介基準を定めています。
www.poyatrip.xyz
(モッピーのJALマイルキャンペーン延長前に定めたものなので、今とは多少ニュアンスが異なっています。)

追記内容

2017年9月8日追記

以下記事で紹介した案件は、申込から1週間以内で20,000Pが付与されました。
www.poyatrip.xyz
これから申し込んでも想定より早い「9月下旬(最速だと9月上旬もありうる)」から交換申請できる神案件です!
こちらは9月頭に申し込んで9月7日にポイントが付与されたので、早速交換申請しました!まさかの9月上旬。

f:id:poyatrip:20170908074418j:plain