スマートフォン解析

不労所得でマイル旅 ~世界一周したら単身赴任に ~

元バックパッカーが、57ヶ国渡航した経験に基づくマイルの賢い貯め方使い方、お得な航空券、海外旅行のノウハウ等を書き連ねてます。現在、福岡で単身赴任中。

陸マイラー・ポイントサイト界が新時代『モッピー×JAL』期に突入!その5つの理由とは





公式筋(株式会社セレス様)からの依頼を受け、「モッピー×不労所得でマイル旅*1」タイアップ企画を実施することとなりました。

当サイトのバナーからモッピー(moppy)に入会すると、入会者特典として500円分のモッピーポイントが付与されるというものです。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

これまではモッピーに入会者特典制度はなかったので、同社としては太っ腹な企画ですね。

今回の依頼受諾は以下5つの理由に基づく結論(記事タイトル)に沿っていた内容だったからで、単に依頼があったからホイホイ乗ったというわけではございません(一応予防線を張っておきます_笑)
なお、当サイトではタイアップ企画実施の数ヶ月前から「これからはモッピー×JALの時代がやってくるのではないか」という記事を書いています。

タイアップ企画と言うことで新規登録者向けの記事にはなりますが、

  1. 他のポイント活動をしていて、更にモッピーに手を出して良いか迷っている方
  2. ポイントサイト又は陸マイラーに興味はあるけど、リスクを感じてなかなか踏み出せない方
  3. ポイントサイト自体を危険・怪しいと考えている方
  4. 今後もソラチカルートでANAマイルを貯め続けることに疑問を持っている方
  5. 今後もソラチカルートでANAマイルを貯め続けることに疑問を持っていない方

にとっても、何かしら参考になるものと自負しています!

理由その1 運営会社の安定度・健全度が抜群!

てるみくらぶの突然の倒産』。
皆様の記憶に新しいことと思います。が、他人事だと思っていませんか?

ポイントサイトの多くは『てるみくらぶ』と同様に非上場企業であり、企業の実態がわからない以上、外部の人間が安全か危険か確認することができません。何より心配なのは、ガバナンスが機能してるかが不明なこと。
ポイントサイトがてるみくらぶ同然とは申し上げるつもりはありませんが、世に知られた会社より倒産や閉鎖のリスクは大きく、万が一に備え「貯めたポイントが、突然紙くずになってもおかしくない」と思っておくのが精神衛生上よろしいかと思います。てるみくらぶの倒産は陸マイラーにとっても他人事ではございません。

しかし、モッピーに限ってはそのような心配をする必要はないのです!

というのは、『株式会社セレス(モッピーの運営会社)』はポイントサイト運営会社としては極めて珍しい上場企業、しかも泣く子も黙る東証1部だからです。
もちろん1部上場というだけは安心できず、直近では東芝のような事例もあることは皆様ご承知のことかと思います。

が、東芝とは違ってモッピーの財務諸表は健全、特に資本規模や財務の安全性、収益性の高さが同業他社と比べて突出していることを、過去に確認して記事にしました。

ポイントサイトの危険性。企業分析した結果わかった安全なサイトを公開! - 不労所得でマイル旅 ~世界一周したら単身赴任に ~

最も安全なポイントサイトはモッピーと結論付けています。

個人的には、公開企業が故に情報開示・ガバナンス等制度が機能、自分の目で確認できるというところに安心感。

<参考>アナリストレポート

僕の結論だけだと提灯記事だとおもわれるでしょうから、第三者機関(リサーチ会社)が作成したアナリストレポートも紹介します。
2017年6月作成とつい最近公表されたもので、モッピーの運営会社を客観的・中立的な立場から分析してます。

http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?template=announcement&sid=36471&code=3696
株式会社セレス様のIRサイトで見つけました。

(要約等)

  • 強み:ポイントサイト各社の中で最も収益性が高い(他社の2倍以上)
  • 弱み:参入障壁が低いポイントメディア事業を主力

強みだけでなく弱みも書いています。
が、僕から見ると、これは同業他社と比較した場合におけるモッピーの強みと理解しました。

「参入障壁が低い」がゆえに、今後も雨後の筍のようにポイントサイトが乱立する可能性があること。
その中で生き残るに最も重要なのは、運営会社の体力(資本金)です。

ポイントサイト 設立 資本金
(百万円)
従業員数 株式 規模
モッピー 平成17年 1,380 約67名 上場(東証1部) 1位
ポイントタウン 平成18年 761 約128名 上場(マザーズ) 2位
げん玉 平成17年 425 約120名 上場(マザーズ) 3位
Get Money! 平成11年 211 約81名 非上場 4位
ちょびリッチ 平成16年 65 約15名 非上場 5位
ハピタス 平成16年 30 約38名 非上場 6位
Poney 平成18年 10 約13名 非上場 7位

(過去記事から抜粋)

このように、モッピーは資本規模が文字通りケタ違い。

他のサイトが束になってもモッピーに対抗することは出来ず、現状、モッピーが「勝ち組」として最後まで存続しうるポイントサイトであることは間違いないと言えましょう。

理由その2 JALと直接提携!そしてJALマイルへの交換レート最強、しかも早い!

2017年8月現在、ポイントサイト別の交換レートと移行に要する期間との関係は以下の通りとなってます。

マイルポイントサイトレート移行期間備考
JALモッピー最大80%4週間以内8月迄
ちょびリッチ50%2週間~4週間
ドットマネー52%
ANAハピタス他最大90%2ヶ月~4ヶ月ソラチカルート

JALと直接提携しているのは上3サイトございます。
なお、モッピーは、現在「JALマイルキャンペーン」という過去最大級のイベントを実施中です。

比較のため、「ANA×ソラチカルート」も記しています。
移行時間が全然違うでしょう。

理由その3 使うならJALマイルの方が絶対にお得!

国内線の例ですが、JALマイルとANAマイルの使い勝手を比較しました。

  1. 事実上の必要マイル数
  2. 利用期間
  3. 予約の取りやすさ

など、あらゆる意味においてJALマイルに軍配が上がることを証明しています。

国内線特典航空券 ANAとJALどっちのマイルを使うのがお得? - 不労所得でマイル旅 ~世界一周したら単身赴任に ~

マイルを使うならJALの方が絶対お得です!

理由その4 ポイントサイトを取り巻く環境の変化に対応済!

f:id:poyatrip:20170809195556j:plain

上のグラフは先ほどのアナリストレポートにあったものです。
全体規模の右肩上がりもそうですが、「インターネット広告市場規模割合で、近年スマホがPCを逆転」という事実。
僕自身はPC利用がメインなのであまりピンとこなかったのですが、確かに当サイトのPVはスマホが圧倒的に多いです。

当然のことながらポイントサイトもスマホ向けに対応していく必要があるのですが、現状はどうなっているでしょう。

運営会社 サイト 比率
株式会社セレス モッピー 約70%
GMOメディア株式会社 ポイントタウン 約40%

スマホ向け広告売上高比率を比較した表で、相手方はポイントタウンを運営している会社(東証マザーズ上場)。
同じ上場企業同士で比較しても、モッピーがいち早くスマホ向けに対応、スマホ広告市場拡大の恩恵を受けていることがわかります。
これもアナリストレポートの受け売りだったりするのですが(笑)。

理由その5 師匠(陸マイラーブログ)いらず?

過去記事にも書きましたが、モッピーサイトでは

  1. 入口(ポイントの貯め方) から
  2. 道中(ポイント→マイルへの交換) そして
  3. 出口(マイルの使い方) まで

いわば戦略から戦術まで具体の案件や使い道(旅行先など)を含めて簡潔且つわかりやすく説明していて、まるでよくできた陸マイラーブログのようです。

オフィシャルに勝る情報はなく、公式見解が故にCSRを伴います。
正直「こちらの商売あがったり」なのですが、「間違ったことを説明していれば堂々とクレームを言えるし、問い合わせ内容について企業として回答する責任がある」のはユーザ側の大きなメリットではないでしょうか。
仮に陸マイラーブログが間違っていたことを書いてて、ユーザ側が損害を受けても事実上泣き寝入りするしかありません。

モッピーに関しては、敢えてココで「貯め方指南」をする必要はなさそうです。

まとめ

  1. 理由1・4・5は運営会社としての「モッピー」の優位性
  2. 理由2・3は実際に飛行機を利用する場合の「JALマイル」の優位性

を説明いたしました。
アナリストレポートのリサーチ会社ではありませんが、公式タイアップ企画実施に際し、当サイトではできる限り客観性・中立性を重視した分析・評価を行ったつもりです。
が、「優位性二つの柱」が両立するとモッピー×JALはポイントサイト・陸マイラー界隈では無敵の組み合わせになるのだろうと思いました。

ところで、最も気になるのが「JALマイルキャンペーンの今後」について。
公式筋からタイアップの話が持ち込まれた時、まず最初に伝えたのは「”JALマイルキャンペーンの今後”がポイントですよ。」ということ。
これがユーザの望み通りになって初めてタイトル通り、自信をもって貴サイトを推奨できるものになる、と。
この辺り公式筋とやり取りをさせてもらっておりますが、開示できる段階になったらお知らせします。

ただ、企業としての安定度がピカ一というだけでもポイント資産保全の観点から他サイトから乗り換える価値は十分にあります。
この機会に僕と一緒にメインサイトを乗り換えて、軽めのスマホ案件等で様子を見つつ、良い知らせが来ることを期待しようではありませんか!

新規登録は、是非以下バナーからお願いします!今後のフォローアップ記事や続報を執筆する原動力になります。
モッピー!お金がたまるポイントサイト

なお、これまで当方の紹介で入会した方々も概ねスマホ案件で様子を見られているような感じですね。ご参考まで。
また現段階で高額案件をこなしても8月までのJALマイルキャンペーンには間に合わないことにご留意を。

<参考>期待感に基づくタイアップ企画

以下は余談ですが。
良い知らせが来ることを期待する4つの理由です。

  1. 陸マイラーとのタイアップ企画実施
  2. 公式バナーで「陸マイラー御用達」の文言を打ち出し
  3. 陸マイラー新規登録者へ500円のインセンティブ
  4. 公式バナーにキャラクターが飛行機に乗っている絵

ということは、マイルへ交換する陸マイラーをターゲットにしたキャンペーンであることは間違いありません!
公式筋も身銭を切っているわけで見返り(手土産)が何もないとは考えられず、我々陸マイラーにとって何か良いことが起こる予兆ではないかと考えてます。

実は公式タイアップを受諾したのにはもうひとつ理由があって、それはこの期待感です。

期待できそうな何かがあって、初めて筆を走らせる気になった次第です。

いずれにしても火がないところに煙は立たないと申しますか、ここまで大々的に展開しておいて、はしごを外すことは……
ひょっとしたら、サプライズとしてANAとの直接提携がありうるかも?(バナーの飛行機や拝啓がではなくなのが気になってますが、こちらは完全な憶測です)

*1:密かに、先日ブログタイトルを変更しました