スマートフォン解析

不労所得でマイル旅 ~世界一周したら単身赴任に ~

元バックパッカーが、57ヶ国渡航した経験に基づくマイルの賢い貯め方使い方、お得な航空券、海外旅行のノウハウ等を書き連ねてます。現在、福岡で単身赴任中。

トルコ航空ビジネスクラス(TK800)で大西洋横断したら日本に出会えた話【10日間世界一周記:その4】





2月上旬、ぐるっと世界一周。帰国してもう2ヶ月を過ぎてしまいました。
ポイントとなるところや情報提供的な内容のものは個別に記事を作成しましたが、改めて全体の流れを簡単な旅行記形式でまとめてみようかと思いました。

10日間世界一周概要

No 目的地(3レター) 便名 出発 到着 備考
0 羽田(HND) 国内線・新幹線 夕方 出張先から直行
1 ロサンゼルス(LAX) NH106 2255 1550(+1) トランジット
2 サンホセ(SJO) AV641 0045 0945 途中グアテマラで給油
3 パナマシティ(PTY) CM788 1420 1646
4 イスタンブール(IST) TK800 1245 1045(+1) トランジット
5 カイロ(CAI) MS738 1400 1510
6 アブダビ(AUH) EY658 1745 2315 アブダビで一泊
7 成田(NRT) EY878 2210 1305(+1)

2/3夜出発、2/12昼帰国。本当にぐるっと一周してきただけの感じです。
太字部分が今回の旅行記です。

前回の旅行記はこちら

www.poyatrip.xyz

No.1~5(スターアライアンス世界一周特典航空券 by ANA)

チケットを購入した時の状況は以下にて。
www.poyatrip.xyz
145,000マイル消費して、別途サーチャージ・手数料等で69,000円くらい払いました。

No.6~7(カイロ発券激安ビジネスクラス by エティハド航空)

チケットを購入した時の状況は以下にて。
www.poyatrip.xyz
コミコミ総額117,000円くらい払いました。

パナマトクメン国際空港でチェックイン

空港~パナマシティへのアクセス方法は以下記事で詳しく写真入りで解説しています。
www.poyatrip.xyz

パナマといえばパナマ運河。パナマ運河で検索してこられた方はこちら。

www.poyatrip.xyz

f:id:poyatrip:20170412221700j:plain

チェックイン。が、この辺り全く記憶がありません…

f:id:poyatrip:20170412221822j:plain

ラウンジ

今回のラウンジは「Copa Club」。
案内の矢印に沿って歩くものの、途中で「えっ?どっち?」と首をかしげるほど適当な方向に矢印があったものだから、なかなかたどり着けず…

f:id:poyatrip:20170412222043j:plain

この入口を見つけるのに10分以上かかってしまいました。

f:id:poyatrip:20170412224504j:plain

f:id:poyatrip:20170412224507j:plain

意外と広くて盛況。
雰囲気が成田空港のUAラウンジ(UNITED club)に似てるなと思いました。
要は、特筆すべきところがないということ…w

トルコ航空(ターキッシュエアラインズ)TK800便ビジネスクラス搭乗記

f:id:poyatrip:20170412225238j:plain

TK800便は、イスタンブールとボゴタ(コロンビア)を結ぶ便で、途中パナマを経由するというもの。
ボゴタからの出発が遅れてしまい、到着が1時間くらい遅れてしまいました。


f:id:poyatrip:20170412225806j:plain

フルフラットにはならないことは事前調査済。
でも、フルフラットに近いところまではリクライニングできました。

f:id:poyatrip:20170412225812j:plain

一世代前という感じで多少くたびれた感があるのですが、色遣いがよくて気になりません。

f:id:poyatrip:20170412225814j:plain

f:id:poyatrip:20170412225817j:plain

オリエンタルな顔立ちのCAさん。
中米からアジアへのワープ感。

f:id:poyatrip:20170412225819j:plain

f:id:poyatrip:20170412225822j:plain

f:id:poyatrip:20170412225825j:plain

f:id:poyatrip:20170412225828j:plain

f:id:poyatrip:20170412225831j:plain

な、なんとベントレーのアメニティですよ。

f:id:poyatrip:20170412225757j:plain

メニューが配られました。
トルコ航空の機内食といえば…

f:id:poyatrip:20170412230737j:plain


そう。専門の料理人さんが乗り込んで調理してくれることで有名。


f:id:poyatrip:20170412231038j:plain

f:id:poyatrip:20170412230956j:plain

f:id:poyatrip:20170412231120j:plain

f:id:poyatrip:20170412231122j:plain

f:id:poyatrip:20170412231110j:plain

f:id:poyatrip:20170412231117j:plain

おいしくいただきました。

f:id:poyatrip:20170412231545j:plain

大西洋越えということで、フライトマップを眺めるのをとても楽しみにしていました。
しかし、なぜか利用中止になっておりまして。
これでは目隠しをされて歩かされているようなもの。
今どこを飛んでいるのかがわからないのが、とても辛かった……

ところで。
このフライトは正午過ぎに出発して翌日昼前に着くというスケジュール。
フライト時間は14時間程度だったのですが、その間どうやって過ごすかが課題でした。
深夜便ならまだしも、昼間の便ではそうそう眠れまい…と思っていたのですが、昼食後に眠くなってシートを最大限倒したら、そのまま熟睡。

起きたら、もう朝食の時間になってました。

f:id:poyatrip:20170412232648j:plain

f:id:poyatrip:20170412232613j:plain

東回りでぐるっと半週して体内時計が狂いまくっていたのがよかったのか?
と改めて調べたら、パナマの13時は日本の3時だったのですね。
道理であっさり熟睡できたわけです。

f:id:poyatrip:20170412233059j:plain

着陸態勢に入りました。

f:id:poyatrip:20170412233113j:plain

トルコ航空だらけ。

f:id:poyatrip:20170412233146j:plain

トルコ航空の就航路線図見てくださいよ。
We fly to...の説得力。


f:id:poyatrip:20170412233353j:plain

降りるときに。こんなのを見かけました。
なんと。私が乗ったのは、あの「KUSHIMOTO」号だったのです!
航空機ファンなら機体の特別塗装で気づいたのかもしれませんが、降りるときに初めて知った次第。

パナマ空港のラウンジから見かけたとき、なんか変わった塗装だなあとは思っていたのですよ。
f:id:poyatrip:20170412233936j:plain

で、搭乗前に撮影した写真にも(再掲)

f:id:poyatrip:20170412225238j:plain

コクピットの下に日本語っぽい言葉がローマ字で書かれているのは認識していたのですが、あまり気に留めてなかったんです。

ターキッシュ・エアラインズ、特別塗装機”KUSHIMOTO号”を運航 日本・トルコ友好125年の合作映画公開で - トラベルメディア「Traicy(トライシー)」
http://www.town.kushimoto.wakayama.jp/koho/gazo_koho/1601/06-07.pdf

なんたる奇遇。