スマートフォン解析
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不労所得で旅したい!

元バックパッカーが、55ヶ国渡航した経験に基づくマイルの賢い使い方、お得な航空券、海外旅行のノウハウ等を書き連ねてます。(現在、ビジネスクラスで世界一周中(一時帰国中))

【ANAのふるさと納税】お食事券使ってフレンチレストラン『モナリザ』でランチ。2017年もダブルマイル対象!

ANAのふるさと納税を通じて宮崎県都農町へ納税していただいた『レストランモナリザ お食事券』を利用し、早速ランチへ行ってきました。

納税する直前のお話はこちら。
www.poyatrip.xyz

舌が覚えている今のうちにレポートしようと思います。

【もくじ】

モナリザは2店舗展開。どちらが良い?

モナリザは、恵比寿本店・丸の内店と2店舗運営しています。
私は両店とも行ったことがありますが、本店と支店とで味やサービス等に全く差はなく素晴らしかったという感想を持ってます。
なので、どちらを選んでも決して後悔することはないでしょう。

特長等含めて表にまとめると以下の通りとなります。

店舗名 恵比寿本店 丸の内店
特長 アットホームで落ち着く 交通至便で景色が最高
アクセス 恵比寿駅から徒歩3分 東京駅から徒歩1分
駐車場 なし あり
席数 72席 70席+個室1室
申し分なし 申し分なし
サービス 申し分なし 申し分なし

正直、全く優劣つけがたいのですが、敢えて比較するとすれば…

恵比寿本店を選んだ方が良い場合

  1. ゆっくり過ごしたい
  2. ユーロピアンな雰囲気を楽しむ
  3. 初めてモナリザへ行く

やはり、歴史がある分本店の方が、全体的な雰囲気の「深み」があったように思えます。
私が初めてモナリザへ行った時は丸の内店ができる前でしたが、出来ていたとしてもまずは本店から行こうかなあと思います。

丸の内店を選んだ方が良い場合

  1. 地方から上京してくる
  2. クルマで向かう
  3. 景色を楽しむ

丸ビルにあるので、東京の地理に不慣れな人でもまず迷うことはありません。東京駅に着ければ、丸の内南口を目指せばOKです。(恵比寿本店は駅から近いのですが、慣れてないとわかりづらい場所にあります)
しかも36階にあるので、大きな窓から景色を眺めれば、東京駅に居ながらにして東京観光した気分に。
皇居はもちろん、東京都庁等新宿副都心も一望できますよ。

モナリザ丸の内店

今回は、丸の内店にお邪魔しました。実に9年ぶりです。
東京駅から地下で雨に濡れることなく行けるので、正装で行く場合はこちらの方が良いかも知れません。

f:id:poyatrip:20170107170630j:plain

36階(最上階)までやってきました。旧福臨門(現:家全七福酒家)など、名だたるレストランが占拠している階です。

f:id:poyatrip:20170107170633j:plain

おおっ!モナリザの肖像画が。ここで間違いないようです。
早速入ることにしましょう。

f:id:poyatrip:20170107170635j:plain

店内風景。残念ながら、窓側ではありませんでした…
この後予約客がどんどん入って来て、満席になりました。相変わらずの人気ぶりがうかがえます。
っていうか女子率高すぎで肩身が狭いです。

ランチ menuA

ふるさと納税でいただけるお食事券はmenuA指定となってて、内容は以下の通り。

アミューズ・ブーシュ
前菜
牛テール肉の煮込みと菜の花のマスタード風味テリーヌ、八街ピーナッツの香り
旨味たっぷり丸ごと甘海老ビスクのクロケット仕立て
主菜                     
ヒゲ鱈の海藻バター風味ムニエル 蛤と芽キャベツのソース
または
加賀レンコンで包んだ能登の七面鳥のパテ 茸のピューレと共に
本日のデザート
コーヒー または 紅茶 ハーブティー

メインは肉にしました。

アミューズ・ブーシュ

f:id:poyatrip:20170107170753j:plain

『七草粥』をテーマにした料理が。そう言えば今日は1月7日(七草)でした。って、生まれてこの方七草を意識したことなんてありませんで(笑。
粥状の米が入ってて、仏と和の折衷という感じ。上に載っているイクラは相当良いものを使ってて、道産子的にもビックリ。そんなイクラが見事なアクセントになってて、味も食感も両方楽しめるようになってます。

また、2枚重ねの皿の間には菜の花が入っていて、そのセンスにさすがとしか言いようがありません。

f:id:poyatrip:20170107170757j:plain

パンが出てきました。左側はモナリザの焼き印が押されたライ麦パン、右側はなんとかという草を練り込んだパン。
右側のパンは、ちぎったら草の香りが漂ってきます。ちょっとだけ田舎の原っぱを思い出した、懐かしい香り。

前菜

牛テール肉の煮込みと菜の花のマスタード風味テリーヌ、八街ピーナッツの香り

f:id:poyatrip:20170107170733j:plain

また菜の花が出てきました。濃厚な牛肉の味ををうまく中和させてくれて、箸…ではなくナイフとフォークがどんどん進み、あっという間になくなってしまいましたとさ。

旨味たっぷり丸ごと甘海老ビスクのクロケット仕立て

最初は「エビのコロッケ」と説明されたものです。

f:id:poyatrip:20170107170736j:plain

エビのコロッケと言うよりは、春巻の上にカニが泡を吹いたような料理に見えましたが…食べてみると、あっという間にエビの濃厚な風味が口の中を支配するではありませんか!!これは素晴らしい!!
泡はエビを使ったソースとのことでした。

主菜

とうとうメインです。
私の場合、フレンチだと前菜だけで胸もお腹もいっぱいな感じになってしまうのですが、モナリザではそういうこともなく、逆に食欲旺盛になってくるのです。

加賀レンコンで包んだ能登の七面鳥のパテ 茸のピューレと共に

f:id:poyatrip:20170107170739j:plain

中はパテと言うよりはハンバーグに近い感じになってました。
色が濃いことからフレンチの濃厚な味付けがされているように見えて、実はテリヤキのような慣れた?味(うまい表現が思いつかずスミマセン)で、両手が休まることを知りません。

本日のデザート

f:id:poyatrip:20170107170741j:plain

デザートまでいただいて、やっとお腹がいっぱいになってきました。
一番左のクリームブリュレが有名だそうです。

コーヒー または 紅茶 ハーブティー

f:id:poyatrip:20170107170744j:plain

f:id:poyatrip:20170107170747j:plain

デザートとほぼ同時にコーヒー又は紅茶が出され、落ち着いた頃にお茶菓子とアイスクリームが、そして最後にハーブティーが出されるという流れでした。
てっきりコーヒーで終わりかと思って会計をお願いしてしまうという失態を犯してしまったので、念のためご注意を。
ハーブティーは消化を助ける成分が入っているそうです。日本人の胃袋事情をよく考えてくれてますね。

お会計

お食事券はサービス料込となっているので、その場で支払うのは飲み物分のみ。「ソラチカカード」で払いました。
お酒を飲まないので1,000円ちょっとでしたがカード利用を却下されることもなく。
支払い名人キャンペーンで40,000マイルゲットする(以下記事参照)ため、最近はもっぱらソラチカカードを決済手段にしています。

www.poyatrip.xyz

全体的な感想など

『モナリザ』は、いい意味で日本人向けにアレンジしたあっさり系のフレンチを出す店…という印象でしたが、久しぶりの訪問においてもそれは変わりませんでした。

今回は、特に「あ。オレフレンチ食べてたんだっけ。」と後から思い出すほどで、半分日本食を食べているような気分に。
ランチでフレンチをいただいた後などは、もうムリ…と夕食抜きにするパターンになりがちですが、夕方になって普通に空腹になってしまったほどです。特に、前菜でのエビ風味とメインのソースの記憶が鮮明で、食欲をそそられてしまったのです。
このようにブログの記事を書いている最中、家内から「先に(夕食)食べちゃうよ!」と声をかけられたので、空腹なのは私だけではなかったようです(笑。

フレンチに抵抗があるような方も、宮崎県都農町へのふるさと納税を機に、初フレンチとして『モナリザ』にトライする価値はあると、今回の食事を通して自信を持って言えるようになりました。

同町は2017年も引き続き『「レストラン モナリザ」お食事券』を寄付(納税)の返礼品として用意しています。また、『ANAのふるさと納税』では同町が3月31日までダブルマイル対象となっているようですので、今年始まったばかりですが、一つの使い道として検討してみてはいかがでしょうか?

2017年の返礼品「「レストラン モナリザ」お食事券」概要

返礼品メニュー 寄付金額
ランチ1名分(サービス料込) 10,000円
ディナーAコース2名分(サービス料込)グラスシャンパンカクテル付き 30,000円
ディナーBコース2名分(サービス料込)グラスシャンパン付き 50,000円

ランチの場合普通に払うとサービス料込で5,744円だから、経費率は約6割(平均4割)。
納税パフォーマンスも相当高い方だと思います。

留意点など

本文でも少し触れましたが、当日は満席状態。予約に際しては、余裕をもって連絡をすることをお勧めします。なお、お食事券利用の場合は電話で予約しなければならないとのことです。
食事中に周りを見渡しても料理内容は様々で、むしろふるさと納税者以外の予約が多いように思えました。
帰りに他のレストランも見て回ったのですが、ほとんどが閑散としていたのですよね。どんだけ人気なんだと思った次第です。

そうそう。記念日のお食事だとお店から「特別な何か」があるそうなので、誕生日等を狙って行くとよろしいかと思います。
そう言えば、私も誕生日に行って何かしてもらったのでした。

ANAのふるさと納税・ダブルマイル等参考記事(再掲)

www.poyatrip.xyz