スマートフォン解析

不労所得でマイル旅 ~世界一周したら単身赴任に ~

元バックパッカーが、55ヶ国渡航した経験に基づくマイルの賢い貯め方使い方、お得な航空券、海外旅行のノウハウ等を書き連ねてます。現在、福岡で単身赴任中。

【ANA特典航空券】年末年始の東京帰省・海外旅行を、今からでもANA・シンガポール航空・タイ国際航空で発券出来たという話


f:id:poyatrip:20170708140224j:plain


私事ですが、次の年末年始は家族+αでバンコクで過ごすことが決まってます。
今年に続き、2年連続。
過去にバンコク発券ループを繰り返したこともあったのですが、バンコクの禁断症状が出るのはだいたい2年に1度くらい。
なので、次の年末年始は別のところでもよかったのですが、前回の初バンコクでハマってしまった家内から「次もバンコクで過ごすこと」と命じられ、家族+α分の特典航空券はとうの昔に発券済。
初バンコクの前は、「(テロが)こわい!こわい!」とずっと渋っていたのに。
まあ、こうなることは予想出来てましたけどね。
αというのは、僕がマスオさん状態になっているということで察してください……

一方、僕の特典航空券はずっと未定。
東京方面に住んでいる家族+αは、直行便でバンコク往復すればよいけど、福岡に住んでいる僕はどうすれば良いのか。

福岡からもバンコクへ直行便を飛ばしているのは以下記事を書く中で、知っていました。

www.poyatrip.xyz

じゃあ、バンコクで現地集合すればよいのかと言うとそういうわけにもいかない家庭事情があり、「最低でも大晦日と正月くらいは自宅に戻って来るように」という命も受けている状況。

  1. 年末年始帰省
  2. 年末年始バンコク旅行

両方を満たすルート・航空券をどうやって上手に組み立てて確保するかが課題となっていて、それが未定の理由でありました。
実際は、単身赴任生活とその旅行のことを考えるのが精いっぱいで、そこまで頭が回っていなかったというのは内緒です。

ANAマイルがたまっていたので、漠然とANAを利用しようと思っていました。
その場合は以下のようなルートになるのですが、

【Aルート】
f:id:poyatrip:20170708122934j:plain

【Bルート】
f:id:poyatrip:20170708124535j:plain

日本発のANA国際線特典航空券は、途中降機不可というルールがあるため、これでは帰省には使えないという頭があったのです。

が、先日福岡空港を利用したANA国際線特典航空券を調査・記事をあげる中で、『あれ??』

途中降機(24時間を超える滞在)と乗り換えの回数に関しては制限がありますので、ご注意ください。
【ANA国際線特典航空券】
日本発は、途中降機できません
・海外発の途中降機は、目的地以外に1回可能です。
・日本国内での乗り換えは、往路・復路各2回まで可能です。※

提携航空会社特典航空券
・日本発・海外発ともに途中降機は、目的地以外に往路・復路いずれか1回可能です。
・日本国内での乗り換えは往路・復路各2回まで可能です。さらに、日本以外で往路・復路各2回まで可能です。※
・乗り換え地点には、制限があります。(世界一周の旅程は除く)

※目的地は乗り換えの回数に含みません。地上移動区間がある場合は、両端の都市を合わせて1回のお乗り換えと数えます。

(公式サイトから抜粋、下線・太字は筆者追加)

スタアラ・提携特典は途中降機OKとな!?

これまで国内線+国際線の組み合わせで利用したことがなかったので、今までその事実を知りませんでした(汗。
今思えば、スターアライアンス世界一周特典航空券発券の時は東京で途中降機するルートを組んでいたのに。

だったら、国際線をANA以外で利用すれば普通に帰省して海外旅行できるはずと、年末年始特典航空券の調査を再開。

【Bルート】
f:id:poyatrip:20170708125659j:plain



残席状況など紆余曲折あり、結局以下【Cルート】で発券。

f:id:poyatrip:20170708130152j:plain

f:id:poyatrip:20170708130710j:plain

f:id:poyatrip:20170708130647j:plain


年始の東京~バンコクは今からだとさすがに厳しく、ANA直行便は全滅(空席待ち)。
家族と一緒というのは断念。

他都市経由ならOKの路線はあったのですが、色々なルートで調べてみようと、東京~バンコクの経由地を追加で指定して調べていく中で、SQ(シンガポール航空)便のビジネスクラスが「空席あり」で出てきた都市を発見。
へぇ~、年末年始でもSQビジネス乗れるんだ!」と、最も距離が長いソウル(仁川)~シンガポールを経由地指定して検索したところヒット。
上記の結果となった次第です。
ビジネスクラスは、ビジネスホテル代わりに寝床として使うのが僕のサガ。

この夜行便。発券後に検索したら出てこなかったので、僕のが最後の開放枠だったようです。


なんにしても、マイルで年末年始の繁忙期にもかかわらず無事帰省もできて海外旅行もできて、ホッと一息。




【補足】
ルートの探し方について、慣れていない方のために補足しますと、

  1. スターアライアンス加盟会社(アジア地域)を調べる
  2. 経由便を含めた時刻表をあらかじめ調べておく
  3. 東京(成田/羽田)-ソウル(仁川/金浦)のように複数の空港がある都市間のフライトは、組み合わせごとに調べる
  4. 特典航空券検索画面では、「複数都市・クラス混在」を選択
  5. あらかじめ調べておいたスケジュールを想定し、出発都市と到着都市をそれぞれ指定

【1.スターアライアンス加盟会社(ハブ空港)】
タイ国際航空(バンコク)
シンガポール航空(シンガポール)
アシアナ航空(ソウル)
エバー航空(台北)
・ANA(成田、羽田)
中国国際航空(北京、上海)
各社のホームページで、就航路線図・就航都市が紹介されています。
(上の航空会社名をクリックしてください。中国国際航空が空港コード付きで親切でした)

【2.時刻表の調べ方例】
・「●● ◇◇ 時刻表」でググる
・Skyscannerを利用する
https://www.skyscanner.jp/
・各社ホームページで調べる

【3.東京-ソウルの時刻表】
羽田-金浦、羽田-仁川、成田-金浦、成田-仁川の組み合わせがあります。
最近の事情はよく分かりませんが、羽田-金浦又は成田-仁川がほとんどと思います。

あらかじめ出発地、経由地、到着地の空港コードも調べておくと楽です。
検索画面では、空港コードを直接入力した方が早いからです。

今回の検索で利用した空港コード:
福岡/FUK、羽田/HND、成田/NRT、羽田+成田/TYO、金浦/GMP、仁川/ICN、金浦+仁川/SEL、バンコク/BKK(メイン空港)、シンガポール/SIN、ヤンゴン/RGN、広州/CAN、台北桃園/TPE、ハノイ/HAN、ホーチミン/SGN、香港/HKG、プノンペン/PNH、上海浦東/PVG


【参考】国内線について

f:id:poyatrip:20170708133607j:plain

福岡~羽田は年末年始でも問題なさそうです。ただ、羽田~福岡が同じ状況とは限りません。

参考記事

以下は福岡空港ベースで書いたものですが、基本的な考え方等は他の地方空港と同じはずです。

読者のためにまとめたつもりの記事は、結局自分のためになったようです(笑)。

www.poyatrip.xyz


香港方面へ行かれる場合は、以下も参考になるかもしれません。

www.poyatrip.xyz