スマートフォン解析

不労所得でマイル旅 ~世界一周したら単身赴任に ~

元バックパッカーが、57ヶ国渡航した経験に基づくマイルの賢い貯め方使い方、お得な航空券、海外旅行のノウハウ等を書き連ねてます。現在、福岡で単身赴任中。

【ビジネスクラス特典航空券】2018年に備え170,000ANAマイル分をあわてて発券!その理由とは





2017年10月はブログの更新そっちのけで、ひたすら2018年の旅行計画(=ANAマイルを使った特典航空券発券計画)を練っていました。

この1ヶ月で、何度世界一周したことでしょう。(ただし脳内)

貯まったANAマイルを全部使いきるつもりでいたのですが、結局、発券に至ったのは2旅程。
いずれも、踏破国を増やすための計画です。

その1 東欧制覇計画

f:id:poyatrip:20171030220817j:plain

8月。猛暑だった九州を離れて、避暑がてら

  1. モルドバ
  2. ルーマニア
  3. ブルガリア
  4. マケドニア
  5. アルバニア

の順で南下する予定で、時間と体力が許せばセルビアとコソボにも足を延ばせたらなあと考えてます。

伏線記事
ANAマイルで福岡空港からヨーロッパ各都市への国際線特典航空券をより確実に予約・発券する方法 - 不労所得でマイル旅 ~世界一周したら単身赴任に ~

これまで東欧にはあまり興味がなかったのですが、食わず嫌いはイカンなと思い直しました。
訪問前は全くと言って良いほど期待していなかったけど、意外と良かった国は結構ありましたし。
(最たる例がシンガポール、最近ではエジプト)
昨年は行ったモンテネグロ(と一瞬だけボスニアヘルツェゴビナ)の印象が意外と悪くなかったというのもあります。

KIV(キシナウ)からTIA(ティラナ)までの1,500kmを陸路でどうやって移動するかが課題ですね。

昔ほど陸路国境越えにこだわらなくなったので、飛び石でもよいのですが…

せっかくティラナまで行くなら、かねてから熱望していた『コルフ島』へも足を延ばしたかったのですが、東欧方面からだと飛行機のアクセスが良くなく断念。

その2 カリブ海制覇計画

f:id:poyatrip:20171030220940j:plain

芸がないと言われそうなルートですが、福岡空港発オフシーズンのビジネスクラス利用で比較すると

目的地域 必要マイル 種別
カリブ海 143,000 提携航空会社特典航空券
米国(米国内乗継あり) 90,000 提携航空会社特典航空券
米国(ANA直行便就航都市) 75,000 ANA特典航空券

と、ANA利用が圧倒的に必要マイル数が少なく、福岡空港からシンガポールやバンコクへ行く(63,000マイル)と大きく変わらないことに気づき、とりあえず空席がある路線で発券した次第。
今のところシカゴにもヒューストンにも滞在する予定はありません(笑)。
でもヒューストンは1泊する必要があるかな?

この先は未定ですが、今のところキューバ+1~2ヶ国を回れれば良いなあと。
制覇するには、あと2~3回はかかりそう。
キュラソーやセント・マーチン、バミューダなど国家ではないけど行きたい地域も入れると、その倍。

伏線記事
【JAL JGC修行2018】米国渡航の際にはアメリカン航空国内線の追加利用をおススメ(主に回数修行層向け) - 不労所得でマイル旅 ~世界一周したら単身赴任に ~

f:id:poyatrip:20171026192719j:plain

ただ、先立つモノ(休暇)の目途が立っていないので、計画倒れになる可能性が半分くらいだったりします。

そんな中、発券に踏み切ったのはなぜでしょうか?

ANAマイル特典航空券を慌てて発見した理由

以下の要素から、今こそが最適な発券タイミングと考えたからです。

燃油サーチャージの値上がりを回避したい

欧州や北米等長距離便のサーチャージが、12月1日発券分から2倍に跳ね上がる予定です。
3,500円/区間⇒7,000円/区間となり、往復すると7,000円の増

燃油特別付加運賃 / 航空保険特別料金について|ご予約/旅の計画|航空券予約・空席照会|ANA

ANAマイルを使った特典航空券発券競争激化を回避したい

2017年修行層・修行尼が上級資格会員となっている状況下において、競争激化は避けられないものと考えました。
聞くところによると「2017年同期会」のようなものが開催、限られたコミュニティの中でも参加者は結構な人数になると聞いています。これは、潜在的な修行僧等を含めると相当な母数になっててもおかしくない…と。

陸マイラー的にはキャンセル料が痛くもかゆくもない

ANAの場合、特典航空券のキャンセル⇒マイルの払い戻しが可能ですが、手数料相当として3,000マイル差し引かれることとなります。
しかし、ソラチカ陸マイラーにとっては、3,000マイルを失っても心も財布も痛まないのではないでしょうか。
時期やタイミングによりますが、1回マッサージを受けに行けば回収できてしまう程度のもの(←知らない人が読むと通じない言い回しだな…)。
12月以降の燃油サーチャージ値上がりと天秤にかけたら、7,000円と3,000マイル。自分としては、両者はイコールに近い価値。
だったら、今のうちに発券してしまっても良いかな…と。

陸マイラーのモチベーションを維持したい

数十万マイルの残高があると、正直モチベーションが下がってしまうのです。
そんな中、発券して残高を少なくすることが陸マイラー活動の原動力になるかなあ…と。
実際は、ANAにマイルを預けているようなものですけどね。利用するまでは。

その3 ○○(地域)制覇計画

実はあと1本具体的な計画があるのですが、ルーティングに難儀、発券に至らず現在に至ってます。
ソコへ行くには季節を選び、ベストシーズンに行こうとするとピンポイントにならざるを得ないのが悩みどころ。
ただ、多少妥協の上発券してしまうかも。

その他脳内世界一周した場所(参考)

南米某所

当初、未踏の南米が第一候補でした。
しかし、スターアライアンスだと希望するルートを組めないことが判明。
ワンワールドなら難なく行けるので、JALマイルが貯まった時のお楽しみに取っておくことにしました。
モッピー×JALマイルキャンペーンが続くことを祈るばかりです…

フィンランド+バルト3国

同上。
ゲートウェイのヘルシンキへ行くには、ワンワールド(フィンランド航空・JAL)が便利なので。
ただ、避暑にはこっちのほうが良いし、JGC回数修行の足しにもなるので検討は継続。
来年オンシーズンもフィンランド航空福岡発直行便が出ることを期待。

インド

三大ウザい国で未踏の残り一つ。
一度本気でポチりかけたんだけどね……バングラデシュとセットで。

アフリカ某所(サハラ以南)

スタアラなら行けると思ったのですけどね……
空席が出ずに断念。

最後に(1ヶ月間脳内世界一周した感想)

「JALマイルも欲しい!」の一言に尽きます。
ANAマイルは家族旅行用(一般的に安全と言われる旅行先)にとっておいて、未踏の地を中心に一人旅であちこち行くならJALマイルの方が便利そうだと思った次第です。
そんな経緯もあり、特典航空券(複数回)発券に代わり、ワンワールド世界一周航空券(有償)の利用を検討していました。
しかし、ANAマイルは使えるうちに使っておくに越したことはないと冷静に判断した次第です。

福岡発だからか、選り好みしなければ意外と座席を確保できるものなのだなあと言う感想ですが、今後はいったいどうなることでしょうか。
もっとも、最大の懸案事項は急な転勤でHNDユーザに戻されないかと言うことですが、コレばかりは……