スマートフォン解析

不労所得で旅したい!

元バックパッカーが、55ヶ国渡航した経験に基づくマイルの賢い使い方、お得な航空券、海外旅行のノウハウ等を書き連ねてます。現在、福岡で単身赴任中。

【ブログ運営】ブログ記事を書くときに気を付けていること・べからず集

前回記事の続きでございます。

www.poyatrip.xyz

PV・OUT・INポイントを稼ぐために

と大風呂敷を広げてみたものの、まぐれ当たりの原因は本人が一番わからないもの。
原因かはわかりませんが、自分が記事を書くにあたって気を付けていることを残しておきます。
このブログでは1年未満の初級者なので試行錯誤しながら…という状況で、識者の方はご笑覧ください。
また、ブロガーに限らず、読者の方に対しても私のスタンスをお伝えしておくことは決して悪いことではないだろうと考えました。

なお、今までブログのノウハウに関する本を読んだことは一度もありません。
少しは勉強しなきゃと当ブログの「Amazon欲しいものリスト」にブログ本をあげていますが、未だに届いておりません(他力本願。

1 パワーブロガーの記事を読まない

いきなりで、「えっ???」と思った方は多いだろうと思います。
が、真剣にブログに取り組むことを決めて以来、タイトルを見て「インプット側」として興味を惹かれない限り、同種パワーブロガーの記事を敢えて読まないようにしています。
もちろん拝読したいのはやまやまなのですが、これは金太郎飴防止策。こう見えて、結構ストイックにやっているのです。
読んでしまうと、ついつい参考にしちゃうから(笑)。心が弱い人間なので。
いずれにしても、自分はアウトプット側の人間なんだと認識することが肝要。
自分がパワーブロガーになるまでは、ガマンガマン。 と言い聞かせています。

2 速報を除き、単なるコピペ解説・紹介記事を書かない

必要に応じてコピペ記事を書く場合は、「コピペ解説+体験談」「コピペ解説+評価・見解」「コピペ解説+コピペにない”独自まとめ”」いずれかの合わせ技で行くことを心がけるようにしています。
(完全に出来ているかどうかは怪しいのですが)
個人ブログの情報を鵜呑みにしてはならないのは鉄則(何があっても個人が責任を負わないから)で、皆様も必ず公式サイトで確認するでしょう。
公式サイトでは補足し得ない情報(付加価値)を入れないと、このカテゴリで戦うのは厳しいと実感しているところ。

3 初心者に寄り添わない

記事のテーマによるのですが、私の場合、海外旅行・修行系の記事ではこのあたりを意識して書いてます。
それは、「初心者にはあまりおすすめできない」からです。
当ブログで時折とりあげる中国国際航空とか海外発券とか世界一周とか、これまでほとんど日系航空会社にしか乗ったことがないような層とか海外旅行経験が少ない・多少あっても決まったところにしか行かないような層が手を出すにはハードルが高すぎます。
そもそも、パキスタン航空から入った私とANA・JALから入った方とは価値観が違うモノと認識しておいた方が無難かなと考えました。
懇切丁寧に説明しすぎた結果「初心者の自分にもできそう」との誤解を与えることで、実際トライしてみて散々な目にあった…なんてことになっても責任を負えないからです。
また、慣れた人にとっては今更なことをイチイチ説明されるのが時間の無駄と思うことでしょう。
ということもあって、単純な手続きなどに関して余計なスクリーンショットは貼らないようにしています。

懇切丁寧な同業他者に比べて冷たい印象を与えているだろうなとは思っていますが、上記の事情を斟酌のほどよろしくお願い申し上げます。

なお、当ブログを読まれて、例えば「中国国際航空ビジネスクラスで修行できそう…」「海外発券で修行しよう…」と思われた方はたぶん大丈夫だと思いますので、ご心配なく。ただ何かあっても責任は取れませんので(笑。

ポイントサイトとか精神的障壁が高くて何かあっても実害がないようなテーマは懇切丁寧に書いても良いのかと思いますが、普段上記のスタンスで書いているものだから、私は上手に書けません……

4 第三者の目で書かない(主語を「自分」と意識する)

上の項目と連動しますが、ブログという手段はアフィサイトでない限り「自分」が主語であるべき。基本体験談や自分の考えをつらつら書けばよいのだと思ってます。
当ブログは、最初から(1)「他者(読者)の有益のため」を目的としていません。極端な表現をすれば、自分が書きたいことを書く。
普段は(2)自分の経験や考え等を書き連ね読者の皆様と共有することが、結果的に皆様にとって有益になれば良いなと思って書いてますが、あくまで主語は「自分」。
(1)(2)2つのニュアンスの違いがうまく伝わらなかったら恐縮ですが、ブログという手段を利用するに際してはかなりこだわっている部分です。
単に頭が古いのかと思いますが。

5 記事タイトルをおろそかにしない

ブロガーが付けるタイトルはいずれも秀逸でつい目に入ってしまうものだから、こればかりはどうしても参考にしてしまいます(笑。
自分が気の利いたタイトルをつけているかどうかはわかりませんが、タイトル決めるのにあーだこーだ30分かかる場合もあったりしますね…



と、つらつら書きましたが、最近拝見するブログはパワーブロガーでなくても洗練されていて、上に書くようなことなんてほぼクリアしているのですよね…
皆様さすがによく勉強されています。

パワーブロガーの記事を読まないブロガーはそれほど多くないような気がしますが、やっぱり厳しい戦いなんだなあと改めて気を引き締めた次第。