スマートフォン解析
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不労所得で旅したい!

元バックパッカーが、55ヶ国渡航した経験に基づくマイルの賢い使い方、お得な航空券、海外旅行のノウハウ等を書き連ねてます。(現在、ビジネスクラスで世界一周中(一時帰国中))

ブログをセグメント別に分別管理することの重要性について(その1 友達紹介事業)

ブログをセグメント別に分別管理することの重要性

私事ですが、記事数の増加に伴い記事内容やカテゴリが悪い方向に分散化しているなあと思ってて、コレを機にセグメント(ココではカテゴリの上位階層と言う意味と思ってください)とその目的を明確化した上で、当ブログにもグローバルナビゲーションを導入しようとしていたところ。

にほんブログ村マイレージカテゴリ(以下バナー)等において、「敵塩」的な記事が増えてきました。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村

内容は、同カテゴリでPVや収益、友達紹介人数が思うように増えないと悩んでいる方へのアドバイスなど。

monimonita333.hatenablog.com

www.sukesuke-mile-kojiki.net

「ツンデレだなあ…(優しいなあ)」と思いつつ、皆様おっしゃることは「ごもっとも、ごもっとも」と頷くばかり。
一つだけコメントするとすれば、「悩んでいる方も、既に頭の中ではわかっているんじゃあないかな?」。
ただ、それが概念的なものにとどまっているが故に、人によっては考えだけが脳内をグルグル巡ってそれがアウトプット(ブログ)として結実していない…ということはあるのかもしれないな、と思った次第。
もしそのような方がいらっしゃったら、「ブログ内容をセグメント別(ここでは目的等)に分別管理」してみてはどうかというのが今回の記事の主旨です。その際は、頭で考えるだけではなくて、きちんと書き出して「見える化」することが重要です。
私事ですが、若い頃にしばらく財務会計に従事した経験があって、ズボラで適当な私としては苦痛以外の何物ではなかったのですが、当時の経験は意外と実生活の役に立っていて、今回もそう。

f:id:poyatrip:20161201001539j:plain

上の表は、グローバルナビゲーション導入に向けた検討状況に、今回記事向けにアレンジして「想定読者・収益手段等」の欄を追加したもの。(赤く囲った部分が追加分)
ただしあくまでも私見であって、「これが正しい!」と言うものではありません。記事内容には限らず想定読者も収益目的手段の検討も、各ブロガー様がご自分で決めるものであります。追加分についてはやや適当に書き出しましたが、本気でやるならココもじっくり考えるべきもの。

私自身はブログ目的を照らして「手段等」をセグメントとして整理していますが、収益目的のブロガーであれば、発想を逆転させて「友達紹介」「アドセンス」をセグメント(ここでは収益事業)の2本柱として整理したほうが良いかもしれません。

2つの事業

皆様の関心が深いと思われる2つの収益事業について、主に巷で論点になっている事項に関して私の見解やちょっとした体験談等を書いてみようかと思います。これが今回の記事の2つ目の主旨。
大したことはやってないし目立った成果が出ているわけではないのでアドバイスにはならないかもしれませんが、もしお悩みの方がいらっしゃったら考えるヒントになれば幸いです。
本記事では1つ目(友達紹介事業)について。2つ目は後日改めて。

1 友達紹介事業(人数増加に向けた取組み)

と言いつつ、当ブログではまだ事業として位置付けているわけではありません。現状記事内容としてはあまり馴染まないのと、そもそも事業化レベルに至ってないと考えているためです。
ただ、全く考えていないわけではありません。欲深き人間だもの。

ポイ○トサイト関連記事(イニシャル)

「ANAマイルを1年で30万マイル貯める方法!」とかいうやつですね。「ソラチカルートの解説」等も含みます。
ここで新規読者Aさんを惹きつけられればベストなのでしょうが、そのためには最低でも以下のどちらかを満たさないと厳しいかなと思ってます。

(1)当該記事又は当該記事を含むブログがGoogle等検索上位に位置していること
(2)当該記事を含むブログが「にほんブログ村」のランキング上位に位置していること


(1)は、そもそも困難で、短期的な効果は見込めず。
(2)は、マイレージカテゴリではほんの数ヶ月前までは「OUTポイントなら頑張ればなんとかなるかも」でしたが、今や参加人数の増加や洗練された記事の増加に伴い(1)並に困難になっているような状況と認識。というか、「注目記事」ランキング入りするのも厳しくなっているような気がします。

ちなみに、最近の参加人数推移は以下の通りとなってます。
・9/10:590人
・10/20:686人
・11/5:713人
・11/20:755人
・11/30:770人
(10/20からほぼ毎日数えてますw 9/10はたまたまスクショが残っていたので)

いずれにしても茨の道。というか、日に日に険しくなって留まることを知りません(笑。

両方とも満たさない場合は、他の流動読者(Bさん~)向けと割り切った方が良いでしょう。
それでも十分意味がある記事となりますから。

なお、当ブログでは未だ用意できておらず(笑。
やらなきゃやらなきゃと思ってはいるのですけど…この際、外注できるなら費用を払ってでも外注したい…

その他記事

以上のような状況下では、その他の記事で惹きつけるのが最も合理的な手段と思われます。

手前味噌ではありますが「選択と集中」による取組みで多少成果が出たことがあったので、触れておきます。
普段は何食わぬ顔をしてマイレージブロガーとしての生活を送っている中で「ここがチャンスだ!」と思ったのが2回だけあって、その機を逃さずに関連記事を投下したというものです。

1.アメックスゴールド公共料金キャンペーン(8月)
知る人ぞ知る、我々5月入会組がいわゆる「アメックスゴールド祭り(通称:雨金祭り)」に浮かれていたあの頃。
最後の最後で「U-NEXTによる無限技」の詳細が確認され、祭りは最高潮に達していました。
ただ5/1入会の私は8月上旬早々に祭りが終了したため恩恵に与れず、皆が浮かれ続けているのを指をくわえてみているばかり。
そんな中、専業主婦の家内が晴れてゴールドカードの審査通過。60,000マイルを獲得する権利を得ました(当時は)。

ん?「専業主婦でもゴールドOK」この事実・体験談は使えるのではないか?とひらめきまして。
実はこれまで同種の記事が全くなかったわけではないのですが、やるなら皆が浮かれている今しかない!と決行。

この時初めて身内以外が人数にカウントされた次第。
ただ突然強制終了してしまい、「お友達」には申し上げる言葉もございません…

2.ソラチカカード入会キャンペーン(10月)
ちょうど家内が入会するタイミングで、うまくやればかなりのマイルが貯まることが判明。
「支払い名人(リボ払い)」の活用が条件だったのですが、これまでのキャンペーンにはなかったのかネットでこれだ!という情報を入手することができず。

ん?「コレはブルーオーシャン。投下記事として使えるのではないか?」とリボ払いのイロハから調査。わが身にも降りかかるので、仕事よりも真面目に取り組みました。
一夜漬けで不明な点を残しつつもフライング決行しまいましたが、ココでも「お友達」が若干増加。
コメント等の反響も大きく、思ったよりも皆様のお役に立てているようでよかったです。

番外編.旅行記

www.poyatrip.xyz

石垣島旅行記の中で、同島内のリラクゼーションサロンにて「EPARKリラク&エステ」キャンペーンとポ○ントサイトを活用して実質タダで施術を受けられたことを修行・旅行先のマレーシアで書いていたとき、ちょうど上記のキャンペーンが復活していたことが判明。
ゲスいかな…とは思いつつ試しにバナーを置いてみたところ、翌日早速紹介人数が増えているではありませんか!?
この記事経由なのかどうかはわからないのですが、通常日に増えることはほぼありません。こんなこともあるんだなあと言うことで。

以上から、友達紹介が増えずに悩んでいらっしゃる方に対しては、識者の方々が既にお示しですが

・勝負するなら必ず自分の土俵で行うこと
・具体的な体験等の裏付けを忘れないこと

を念頭に入れておくと、何か良いことがあるかもしれません。
逆に言えば、これらが両方揃わない状況で誘導しても、ムダに終わる可能性が高いのではないでしょうか。

「1ヶ月で100人!」とかいう記事を見ると「機会損失が…」と思うところがないわけではないですが、個人的には、施策に対して多少なりとも効果が発現している事実に十分満足しているところです。

本件に関しては、以下の記事にとても共感するところがあったのでご紹介いたします。
www.one-mile.club

ポイ○トサイト関連記事(ランニング)

「○○キャンペーン中!今なら***マイル貯まる!」とかいう個別案件紹介記事を想定しています。
これは一定の紹介人数を確保出来た上で、「固定読者(被紹介者)」向けに、彼らを通じた将来のフローを自分自身が獲得するために書くのであれば効果はあるのだろうと思ってます。
そうでないと、粟がないのに手を濡らしているようなもの。

いつか当ブログでコッチ系の記事が増えるようなことがあったら、「イヒヒ…」「グヘヘ…」と濡れ手に粟になったんだなと思ってください(笑。

まとめ

現在の環境では、にほんブログ村マイレージカテゴリにおいて友達紹介事業で成果を上げるのは困難です。
検索上位やブログ村ランキング上位と同じ土俵(記事内容)で勝負してもまず勝ち目はありません。
ただ、上の表を見てもらえばわかるように、記事次第ではまだまだチャンスが転がっていると考えてます。(表自体が私見に基づくものですが)
お悩みの方がいらっしゃったら、マイレージやポイ○トサイト関連に拘泥することなく、というよりは何でもよいからご自身の得意分野で勝負に持ち込めば、道は開けるかも知れません。

友達紹介事業に限れば、検索上位まで行かなくてもブログ村で名を挙げることができればそれなりの成果が期待できます。(あくまでも”それなりに”の範囲内ですが…)なので、例えば「ブログ村outポイントランキングTOP10を目指す」とかを当面のメルクマールとしても問題ないと考えてますし、私自身もそうして上に例示したような多少の成果を得られたのです。

この程度のブログなのにどなたが「お友達」になってくださったのかはわかりませんが、本当にありがとうございます。
フォローアップすべきところ怠ってしまい、好き勝手な記事ばかりで大変恐縮です。

以下の上位ブロガー様でさえも苦戦しているという記事を拝見して「やっぱり事業化は困難かな…」と心が折れそうになりましたが、

anamileagefreak.hatenablog.com

www.investravel.link

なぜか、今はやる気が湧いてきています。