スマートフォン解析

不労所得で旅したい!

元バックパッカーが、55ヶ国渡航した経験に基づくマイルの賢い使い方、お得な航空券、海外旅行のノウハウ等を書き連ねてます。現在、福岡で単身赴任中。

【閑話休題】『にほんブログ村』INポイントランキングの上げ方について考える

 私事で恐縮です。今朝起床したら、『にほんブログ村』のINポイントランキングで当ブログがこれまでにない高順位になっているではあーりませんか!?
f:id:poyatrip:20161008112413p:plain:w200
 これは2度とない!と思ったので、眠い目をこすりつつ早速スクショ保存しました。もちろん記念に。
 これだけ見ると、まるで自分がいっぱしのブロガーになったかのような錯覚を受けますw(もちろん、普段は安定のTOP10圏外

現在の状況は↓こちらからご覧になれます。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村


 OUTランキングは短期的な頑張りで。PVランキングは長期的な頑張りで。その時の運もありますが、ランキングを上げることができますし、実際できたこともありました。
 一方、INランキングは自分の努力や意志とは関係ないところで決まるような印象があったので、こちらを上げるために頑張ろうと思ったことはありませんでした。もちろん、手元の端末やPCで(忘れなければ)自己クリックくらいはしますけど、それだと片手に満たないくらい。
 そのような状況は変わっていないのにもかかわらずなぜだろうと調べて見たら、最近、特にここ2日くらいのINポイントが「えっ?ケタ間違ってるんじゃないの?」と、何かの錯覚かと思ってしまったくらい増えているではありませんか!どの記事をご覧になってクリックしてくださったのかはわかりませんが、非常にありがたく、本当に感謝・感激の嵐です。自己クリックしているときなど、「オレ一体なにやってんだろう…」と文字通り”自己”嫌悪に陥るときもあるから、人様が押してくださってる事実が心にしみるのです。

さて。

ブログ記事の最後に、よく
クリックをお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村
とか、
このクリックが記事作成の原動力になります(or励みになります)!
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村
とか、
この記事が参考になった(or良かった)と思ったら、ぜひクリックをお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村
とか、(おそらくINポイントランキングの上昇を目的として)クリックを促す締め方をされるのをよく見かけるのですが、実際ああいうのは効果があるものなのでしょうか…???

 私の場合、開設当初はマネして記事の最後にバナーだけ貼ってみたのですが、元来モノグサな性格のため記事を書くたびにいちいち貼り付けるのが面倒に感じたのと(実際忘れてしまったことが多々)、その効果に疑問があったのと、特にINポイントに関しては「(神の)見えざる手によって導かれている」ような印象を受けたのとで、早々にやめてしまいました。恥ずかしくなったので、過去記事の最後に貼ったバナーは全部取っ払ってあるはずです。
 もっとも、個別記事の流れの中で使えそうと思った時は(多少無理矢理なところがあっても)途中にチャッカリ入れるようなことはたまにやってますけどね。今回のようにw

 ただ、読者としての自分自身に立ち返ると、自分にとってのメリットが感じられないとなかなかクリックしてあげようという気にはなれないと思うのです。
例えば、上の例だと、
①:…まあ、気まぐれでクリックしてくれればラッキー。
②:文章や情報提供力が継続して秀逸である等の理由で運営者のファンになった固定読者が、更なる記事の公開を期待する場合。
③:読者にとって本当に参考になった記事であり、感謝の念を示した場合。

でのクリックを期待できるというでしょうか。

 こうなると、INポイントを上げようとする場合においては誘導の仕方(バナーの上の文章の書きぶり)が重要で、バナーを貼る前に、自分のブログの相対的な位置づけを把握したりとか、個別記事の質の良し悪しを判断する等の分析が必要になることでしょう。
 例えば、ブログを開設したばかりでPV数も記事数も少ないようなブロガーが②のような書きぶりにしたりとか、日常の出来事や内省的な内容を記事にしたりとか、情報提供的な記事であっても既にコモディティ化している場合などで③のような書きぶりにするのは逆効果になる可能性がある、ということが考えられます。
 あと、①に関してですが、世の中、私のように(ぇ?)素直な人間ばかりではありません。天邪鬼な人間などは、「押してね♪」なんて書かれると逆に「絶対押すものか!」と、こちらも逆効果になりかねないと考えました。
 そもそも、クリックするかしないかは読者の判断に委ねられているもの。「上げてもらうために頑張る」ならともかく、「上げるために頑張る」などというのは本末転倒・おこがましい!とお叱りを受けてしまいそう。上の文章で「(私自身が)恥ずかしい」と書いたのは、そのような前提に立つと、なんだか後者のような印象を持たれかねないと気付いたためです。この際、そのような意味のないプライドは捨てた方が良いのかもしれませんが。

 駆け出しブロガーの私の場合、急に増えたのは①か③が原因だと思われますが、木曜日は記事をUPしていないし、金曜日はUPしたもののブログの資産価値を低下させるかもしれないと躊躇したくらい軽めの内容でコモディティ化しているものという認識がありました。(更新頻度の低下より継続した記事のUPを優先)急激な増加要因について、皆目見当がつかないのです。

f:id:poyatrip:20161008143334j:plain

そんな記事がなぜか注目記事に入ってしまい、混乱の極みです。
(その前はかなり力を入れて相当時間をかけて書いた記事だったのにも関わらず、箸にも棒にも引っかからなかったw)

f:id:poyatrip:20161008143519j:plain

 PV数自体もなぜか普段よりも若干多かったようなので、マイレージブロガー的にポイントサイトの個別案件記事というのは、PV的にもおいしいものなのでしょうか。Google Adsenseを使えないということもあって極力記事にしないようにはしているのですが、コモディティ化にも意味があったということなのでしょうか…?うーん。

 ちなみに、ランキングを上げるだけなら、

1.家族や友人等にクリックをお願いする
2.仲良しブロガー間でクリック協定を締結する

等の手法もあるのでしょう。ひょっとしたら、実際にやっている人(達)もいるかも知れません。が、そのようなことで上位に入ってしまうランキングだとしたら、そこまでこだわる必要はないのかもしれません。

そういえば、こちらのブログで以前、ランクインの不正に関して驚くべき情報が提供されていました。

mileage-johokan.com
【ANAマイレージ情報館:さや様ご提供】

アクセスアップのために有料でランキングバナーをクリックしもらうサービスがあるかもしれない」(引用ママ)とは…

 というわけで、結局INポイントランキングには拘泥せずに、まずは個別記事やブログの価値をコツコツと高めていくことが重要と今朝の出来事等で改めて気づかされた(当たり前の)閑話休題でございました。

余談

そういえば…「さや」様のお名前を当ブログのどこかで見かけたような…

www.poyatrip.xyz

うおお!あのときアドバイスくださったのが大御所様だったとは!!
まーじーでーすーかー!!

スミマセン今まで気づいてませんでした(汗。
私の書き込みに失礼がなかったらよかったのですが。

ブログへのリンクも貼られていたにもかかわらず、なぜ当時は気づかなかったのだろう…
長期海外離脱する前日でバタバタしていたから?雨金祭り関連の記事しか興味がなかったから?(上の記事も、確か雨金祭りに関する内容だったから拝見したような…)

とにかく、おかげさまで今では教えてくださった技術を何とか活用できています。
改めて感謝いたします。ありがとうございました。