スマートフォン解析
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不労所得で旅したい!

元バックパッカーが、55ヶ国渡航した経験に基づくマイルの賢い使い方、お得な航空券、海外旅行のノウハウ等を書き連ねてます。(現在、ビジネスクラスで世界一周中(一時帰国中))

【今日行ってきた】1日で世界一周!

年に1回。今まで行ったことがない国を巡るチャンスがやってきました。
弾丸・駆け足で写真多めな記事になりますが、どうぞご覧ください。

【もくじ】

アジア

f:id:poyatrip:20160924214714j:plain
まずは中国。雑技団を見てきました。
上海でも何度か見たことがありますが、あれは本当に一見の価値がありますね。

f:id:poyatrip:20160924220331j:plain
珠海から陸路マカオ入り。
マカオタワーバンジーに続く新手のシミュレーションゲームでしょうか?
実は、マカオはお隣の香港よりもお気に入り。
欲望渦巻くこの街。なんというか、ココでは、日常生活の中で抑圧されていた自分の中の♂が解放された気分になります。(妖しい意味ではございませんので、念のため)

f:id:poyatrip:20160924214832j:plain
お次はタイ・バンコク。
エアアジアで久々のドンムアン空港へ。
初海外旅行で降り立った地に再び戻ってこられて感無量です。
世界一周するので、ココでは予防接種を兼ねたメディカルチェックを行います。

f:id:poyatrip:20160924233529j:plain
バンコクへ行ったのには理由があって、ココへの直行便が飛んでいるから。
ブータンです。仮面舞踏?を見せてもらいました。伴奏もやっていたけど、全然聴こえませんでした…

f:id:poyatrip:20160924215643j:plain
せっかくの機会なので、今回は南アジアを攻めようと思います。
が、バングラデシュは今回は素通り。
昨年末の旅行先として真剣に検討していたのですが、ダッカ人質事件のせいで当面お預けになってしまいました。

f:id:poyatrip:20160924220108j:plain
去年行ったばかりだけど、意外と好印象だったので再訪。
というか、次の地へのトランジットだったりするのですが…

f:id:poyatrip:20160924220717j:plain
モルディブでございます。私の興味はリゾート島と言うよりは、首都の「マーレ」。
世界ふれあい街歩きという番組を見てなぜか惹かれてしまいました。
密集都市ということでシンガポールや香港と同じ匂いがしたためでしょうか。
あと、あのミミズのような?文字が頭から離れません…
さて、この辺で西へ向かうことにしましょう。

中東

f:id:poyatrip:20160924221141j:plain
行きたい国TOP5の一つ。やっと念願がかないました。
タイ航空がバンコク-テヘラン便を就航させるらしいので、日本人も行きやすくなったのではないでしょうか。
…と、ちょっと行き忘れた国があったので戻ります。

中央アジア

f:id:poyatrip:20160924221117j:plain
前に行ったカシュガル(中国…というか東トルキスタン)と似たような雰囲気ですが、サマルカンドを見ずして世界一周と言えるでしょうか?
さて、次はアフリカへ行ってみます。

アフリカ

f:id:poyatrip:20160924221730j:plain
憧れのシディ・ブ・サイドにいつかいつか…と後の楽しみに取っておく予定があんなことに…バングラデシュと同様、当面お預けです。

f:id:poyatrip:20160924221954j:plain
アフリカの奇跡、ルワンダ。『未来世紀ジパング』を見て、もしブラックアフリカへ行くなら最初にココへ行こうと決めてました。悲劇の歴史はあるものの、今は治安が良さげでブラックアフリカ入門編として最適かなと思ったもので。スタアラならエチオピア航空を利用し、アジスアベバ経由でアクセスできます。

中米

f:id:poyatrip:20160924222501j:plain
憧れのパナマ運河。死ぬまでに一度は訪れたい場所の一つでした。
パナマのコパ航空がスターアライアンス入りしてから、スタアラ世界一周ルートに中米を入れやすくなりました。
ということで、

f:id:poyatrip:20160924222819j:plain
過去のように米国と親密な関係に戻る前に、一度行かなければと思ってました。
日本から空路入りする場合はエアカナダでトロント経由が一般的ですが、世界一周だとパナマからもカンタンに入れます。

南米

f:id:poyatrip:20160924223156j:plain
やっぱり、「いつかはウユニ塩湖…」。
が、季節を間違ってしまったようで。鏡張りの塩湖を見るなら、雨季の2~3月に行くべきでした。
あと南米で最も行きたいのはオリンピックが開催されたリオデジャネイロなのですが、もう少し落ち着いてからにしようと思い、今回は外しました。

再び中米

f:id:poyatrip:20160924223505j:plain
日本に戻る途上、美しいトランペットの調べに惹かれてメキシコで途中降機してしまいました。
彼ら皆、鳥肌が立つほど上手でした…上でも書きましたが、特にトランペットがめちゃウマ。

帰国

f:id:poyatrip:20160924224054j:plain
東京に戻る予定が、修行僧の習性でOKAタッチをしてしまいました…

1日間世界一周を終えて

おおよそ察しがついていると思いますが、本日の世界一周は東京ビックサイト内での「ツーリズムEXPOジャパン」一周でございました。
当初はタイトルもそのようにしようと思ったのですが、当ブログ的にはタイムリーな前回の世界一周記事にひっかけてみようかなと思った次第。一応冒頭で伏線を張ってはいたものの、ココまで引っ張ってしまい大変失礼いたしました。
公式サイトはコチラ↓
世界最大級 旅の祭典「ツーリズムEXPOジャパン」
f:id:poyatrip:20160924224504j:plain
2014年からとなってますが、それ以前に開催されていた「JATA旅博」の流れをくんでいるもの。

去年の今頃は本当にこちら(キプロス)↓+イスラエルへ行っていたため行けませんでしたが、それ以外は旅博の頃から毎年のように行ってました。
f:id:poyatrip:20160924224851j:plain
子守り命じられついでに娘と2人で行くパターンで、2歳か3歳の頃など世話や機嫌取りに終始したため世界一周を楽しむ余裕など全くありませんでしたが、今や年長になり、やっと一周を楽しむ余裕ができた次第です。

感想等

このイベントは全体的に「広く浅く」的な感じなので、実は毎年「ちょっと微妙かな…」的な感想で帰路についています。あと、人大杉が苦痛で、(特に幼児連れだとなかなか)フードコートで食べられないわアトラクション的なものをトライできないわ…のストレスもあり、不完全燃焼気味。
もちろん航空関係のパビリオンやイベントもあるのですが、特に日系はものすごい人・人・人でなかなか中に入れません。(私は毎回諦めてます)
f:id:poyatrip:20160924231026j:plain

f:id:poyatrip:20160924231033j:plain

それでも継続して行っているのは、「いつかは行きたいマイナー国の最新情報を入手するため」であります。一般国民が直接現地から情報を得られる年1回のチャンス。仮にイランとかルワンダの大使館へ行って「観光情報くれ」と言っても、門前払いを食らうのがおちでしょう。マイナー国のブースはそれほど人がいませんし、一石二鳥と言うわけです。
以下写真は今日の戦利品の一部です。
f:id:poyatrip:20160924230655j:plain
その意味だと、チュニジアとかバングラデシュとか頑張っているなあと思う一方、
f:id:poyatrip:20160924232935j:plain
ギリシャさん!あんた頑張らなくていいんかい!」と突っ込みを入れたくなることも。
(どうも、出展しない国はまとめてここで紹介している模様)

興味を持たれた方は、とにかく一度行ってみるとよろしいかと思います。私の場合は過度に期待しすぎました。
行かれる場合は、あらかじめ入場券を入手しておいてください。
さもなければ、当日入場券を買うために長蛇の列に並ばされることになるでしょう…
f:id:poyatrip:20160924231611j:plain
私のことなのですが、並び始めてから窓口の前に立つまで45分もかかってしまいましたよ…
夕方帰るときには誰も並んでいなかったので、時間をズラすと言う手も。

参考情報

ワンワールドの世界一周例(ただし有償)があったので写しておきました。
f:id:poyatrip:20160924231740j:plain
ただ、私がやることとなった場合は、上の「妄想世界一周」に近い感じになることでしょう。