スマートフォン解析

不労所得でマイル旅 ~世界一周したら単身赴任に ~

元バックパッカーが、55ヶ国渡航した経験に基づくマイルの賢い貯め方使い方、お得な航空券、海外旅行のノウハウ等を書き連ねてます。現在、福岡で単身赴任中。

【2017年SFC修行】20万円台で50,000PP!関西からも可能か調べてみた!【思ったより良い結果に…】


前回記事で紹介した「20万円台で解脱!あくまでPP効率を追求したSFC修行プラン」は、成田・羽田空港利用者を想定したものでした。

www.poyatrip.xyz

引き続き、関西方面空港利用者(伊丹、関西、神戸)も同じようなプランで達成できないか調べてみたところ…

惜しくも20万円台にはなりませんでしたが、30万円強(PP単価6.3程度)で解脱可能なプランが出来上がりました。
東京等と比較してクアラルンプールへ行く回数は増える一方、那覇へ行く回数は1回で済みます(今回の場合、那覇は必須条件ではありません)。
殆ど単純往復で終わらせられるので、東京に比べて無駄がなく美しい…
しかも、1回の修行を2日程度で完結させることが出来るため、有給休暇を使わずに修行可能という驚くべき結果となってます。
修行と言うよりはむしろ、「弾丸トラベラー」と言い張っても差支えないレベルw
私自身の立場としては有給休暇不要もさることながら、1回の修行での移動距離が短くて済む分このプランを使える人をうらやましく思います。

もちろん土日で最安運賃確保と言うハードルはあり、あくまで机上のプラン。
少し半信半疑なところもあるのですが、紹介します。 
これは、ぜひどなたか人柱になっていただきたいです。
っていうか、今年コレを組み入れた方がいらっしゃってもおかしくなさそう。


修行概要

 

  • 関西からクアラルンプールへ7回行き、うち1回は那覇経由
  • 最終回を除き、少なくともクアラルンプールは必ず宿泊を伴う 
  • 那覇は宿泊不要 
  • 利用航空会社はANAと中国国際航空 
  • ANAはエコノミークラス、中国国際航空はビジネスクラスを利用 
  • 予約回数は、ANA国際線6回+ANA国内線1回+中国国際航空1回 
  • 運賃は32万円弱で、獲得PPはギリギリ5万強(うちANA3.9万強) 

 

修行スケジュール及び獲得PP内訳について

第1回(獲得PP:8,656) 
 a.KIX-PEK-KUL(1,765+3,828)クアラルンプールで1泊 
 b.KUL-NRT-ITM(2,503+560)成田で当日乗継 
第2回(獲得PP:8,642) 
 b.KIX-OKA(1,108)←ココは別途国内線予約(旅割75)
 OKA-HND-KUL(1,968+2,503)クアラルンプールで1泊 
 c.KUL-NRT-ITM(2,503+560)
成田で当日乗継 
第3回(獲得PP:6,126) 
 c.ITM-HND-KUL(560+2,503) クアラルンプールで1泊
 d.KUL-NRT-ITM(2,503+560)
成田で当日乗継
第4回(獲得PP:6,126) 
 d.ITM-HND-KUL(560+2,503) クアラルンプールで1泊
 e.KUL-NRT-ITM(2,503+560)
成田で当日乗継
第5回(獲得PP:6,126) 
 e.ITM-HND-KUL(560+2,503) クアラルンプールで1泊
 f.KUL-NRT-ITM(2,503+560)
成田で当日乗継
第6回(獲得PP:6,126) 
 f.ITM-HND-KUL(560+2,503) クアラルンプールで1泊
 g.KUL-NRT-ITM(2,503+560)
成田で当日乗継
第7回(獲得PP:8,656) 
 g.ITM-HND-KUL(560+2,503) クアラルンプールで宿泊不要な場合アリ
 a.KUL-PEK-KIX(3,828+1,765)
小文字アルファベットが予約単位で、赤が中国国際航空(CA)、青が全日空(NH)。 
PEK-KULのPPは推定で、実際のPPと微妙に異なる可能性があります。 

→獲得PP合計:50,458(うちANA39,272) 

運賃及び諸条件

会社 区間 予約クラス 運賃 有効期限 予約変更 払い戻し  
CA KIX-KUL R 86,500円 1年 無料 30,000円  
NH KUL-ITM S(国内線B) 36,060円 6ヶ月 5,100円 7,600円  
NH KUL-ITM/OKA-KUL S(国内線B) 42,460円 6ヶ月 5,100円 7,600円  
NH KIX-OKA 旅割75 9,600円 - × 解約日時により0~100%  

(ITM…伊丹でなくても、関空、神戸も同じ運賃体系)

→修行運賃合計:86,500+(42,460+9,600)+36,060×5=318,860円 

→→PP単価:318,860÷50,458=約6.3 

関西方面は東南アジアからの直行便がないから難しいなあと調べる前は諦めていたのですが、なんとかなりました(と思ってます)。
KUL-関西がえらい安かったのが嬉しい誤算。
レガシーキャリアで東南アジア便が3万円台って見たことがないような気がするのですが、関西ではよくあるのでしょうか?
LCCエアアジアと張り合ってこんなになってしまったのでしょうか?

【留意事項】 

  • 2016年9月7日現在のものです。 
  • 今後の為替変動やサーチャージ等に伴い、運賃や変更等手数料が変わる場合があります。  
  • 途中降機(ストップオーバー)は両社とも可能です。 
  • NHは東京で2回ストップオーバーすると消費税分約1万円?が別途加算されます。 
  • ストップオーバーが0回又は1回なら消費税を取られないようです。 

本プランの特長など

PP単価もさることながら、本修行案の特長は「日程変更に融通が利く」ことであります。 
今回は「海外発券」がポイントとなっていますが、今や国内発券と全く同じ手続きでオンライン購入できるので、昔ほどハードルは高くありません。 
いずれの回も修行に必要な日数は1泊2日~1泊3日程度となるので、暦通りの休日の方は有給休暇を使わずに済みます。
わざわざ那覇を入れたのは50,000PPギリギリにするための調整結果に過ぎず、こだわりはありません。
(KULピストンのみだとどうにもうまく収まらず、試しに那覇をいれたらちょうどいい感じにハマったので…w)
那覇を入れるなら、オフシーズンで運賃が安く且つ現時点で旅割75適用可能の3月迄が適当と思われます。
最初と最後に中国国際航空を入れましたが、他に良い手段があるかもしれません。

参考記事等

スクリーンショット

○KUL-KIX(ANAオンライン予約画面) 
大阪を金曜の夜出発翌朝KUL着
→丸1日観光可能な弾丸トラベラーパターン
f:id:poyatrip:20160906231645j:plain
大阪を土曜の昼出発当日夜中KUL着
→深夜便は体力の問題もあり観光を諦め修行に徹するパターン
f:id:poyatrip:20160906231627j:plain

○KIX-KUL(中国国際航空オンライン予約画面) 
f:id:poyatrip:20160906225823j:plain
f:id:poyatrip:20160906225839j:plain

○PP算出根拠(私の獲得実績) 
f:id:poyatrip:20160903213705j:plain 

私の2016年修行計画

www.poyatrip.xyz 
www.poyatrip.xyz 

中国国際航空ビジネスクラスについて

www.poyatrip.xyz 

中部からも可能か調べてみました

www.poyatrip.xyz

FAQ(成田・羽田空港利用者想定)

www.poyatrip.xyz