スマートフォン解析

不労所得で旅したい!

元バックパッカーが、55ヶ国渡航した経験に基づくマイルの賢い使い方、お得な航空券、海外旅行のノウハウ等を書き連ねてます。現在、福岡で単身赴任中。

【リアルタイム旅行記】唯一無二の絶景に出会う

10時のバスに乗ってモンテネグロへ行くため、残された時間はわずか。
当初は、チェックアウトまで部屋でゆっくり過ごす予定だったのですが、昨日の状況ではドブロヴニクは微妙という感想になってしまうため、早朝観光を決行。

「スルジ山」に登りました。

宝箱と宝石

f:id:poyatrip:20160811052240j:plain
「宝箱や〜」



そこには、唯一無二の絶景が!
そう。ホントに見たかったのは、宝箱(城壁)とその中に入っている宝石(旧市街)のセットだったのです。
昨日は宝箱の上に居たが故に、宝石しか見られなかったのが消化不良の原因。
だったら昨日登っておけという話なのですが、ロープウェイで登った山頂からの写真をネット上で事前に見た限り、「遠すぎるかな?」という印象だったのですよね。
当初は、遠くから眺めても。。。と思ってしまいまして。
ちなみに、撮影場所は山の中腹。
登山になるからキツかったのですが、ここなら遠すぎず求めている絶景に出会えるかもと。
もっとも、↑は昨夜ネットで拾ったばかりの情報なのですがw

暫し佇み。
さあ、十分満足したところで下山しようとしたところ、

f:id:poyatrip:20160811052310j:plain

およよ?
朝日が差し込んで来ているぞ?
これって宝箱が開く瞬間なのかもと、しばし待つことに。
f:id:poyatrip:20160811052543j:plain
おおっ!宝石が光ったぞ!!
ホントに求めていたのはコレだったのでしょう。

そういえば、ココは『アドリア海の真珠』と呼ばれているのでした。

この絶景で納得です。

モンテネグロへ

早朝観光の結果、危うくバスに乗り遅れそうになりましたが(汗)

f:id:poyatrip:20160811135641j:plain
ミニドブロヴニク?と言われているコトルへ。
ココも世界遺産に指定されているので、是非みておきたかったのです。
『世界で最も美しい湾』という触れ込みらしいです。
クルーズ船の寄港地にもなってましたね。

この景色を見るため、2本めの登山を決行。
もう足がガクガク。明日の筋肉痛がこわいです。

f:id:poyatrip:20160811052508j:plain
旧市街は、ドブロヴニクと似た感じ。
共通しているのは、あまり生活感がないこと。
良くも悪くも観光地化されて小綺麗に整備されている状況でした。
コチラも観光客は多いのですが、ドブロヴニクほどではないので、チャンスがあればこのように人が写り込まない写真を撮れます。
芋洗い状態のドブロヴニクでは、この図は不可能でした。。。

f:id:poyatrip:20160811125919j:plain
イタリア行きのフェリーが出ているBarへ向かいます。
何と、オンボロなミニバスで一気にローカル化した感じです。
自分的には好都合だったのですが。。。このバスには重要な問題が。

なんと、エアコンが故障!
しかも、エアコン前提のためなのか窓を開けられない仕様!!
正直、登山よりもこの時間のほうが苦痛でした。
自分の意思で止められないですからね。。。
暑さ対策として?乗降口の自動ドアを開けたまま走るという、まるで東南、南アジアのような行動に出ていたのですが、汗が止まりません。

f:id:poyatrip:20160811052615j:plain

Barに着いて驚いたのは、一気に物価が安くなっていたこと。
例えば、ジェラートが1カップ0.6ユーロっスよ。
つい買ってしまいました。
レストランとか見ても、割かしリーズナブルに外食ができるようです。
コトルでは安く感じなかったので、観光地プライスだったのでしょう。
ユーロ通貨を導入してる国って何処もかしこも物価高になってると言う印象だったので、そうでもない国があったことになぜか安心。
でも、国力からしたら高く感じるのかも。

f:id:poyatrip:20160811052653j:plain
フェリーの乗船時間になりました。
出国審査待ちで1時間近く並び、ヘトヘト。

f:id:poyatrip:20160811125842j:plain
寝室付としては最下層のグレード(バス・トイレなし)。
寝るだけなら十分です。
シャワールームもありました。
トイレの中にですがw

f:id:poyatrip:20160811125918j:plain
定刻22時になっても出港する気配が全くありません。
明日急ぎの用はないから遅れても構わないのですが、国際列車の悪夢が。。。
結局アナウンスもないまま、40分後、何事もなかったかのように出航していきました。
一体、何時に着くのでしょう。