スマートフォン解析
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不労所得で旅したい!

元バックパッカーが、55ヶ国渡航した経験に基づくマイルの賢い使い方、お得な航空券、海外旅行のノウハウ等を書き連ねてます。(現在、ビジネスクラスで世界一周中(一時帰国中))

これまで訪れた国(改訂版)と当面の旅行方針

これまで訪れた国(改訂版)

プロフィール補足として、以下記事で紹介したところ。

www.poyatrip.xyz

が、夏休み修行に先立ち、外務省HPを参考に改めて調査したら、いくつか間違っていたことが判明。
国・地域 | 外務省

2ヶ国ほど漏れがあったのは調査前に気づいていたのですが、その他「バチカン」をカウントしていなかったという、歴史・地理的に痛恨のミス。
結局これまでに訪れたのは4548ヶ国で、夏休み修行で確実に50ヶ国達成するのですよね(苦笑)。
ちょっと前にこの事実を知って、こっそりブログ名のサブタイトルを削除したのですがw

なお、外務省HPを改めて見たのは、香港やマカオ、台湾等に関する公式上の扱いを確認するためだったのです。

f:id:poyatrip:20160802223516j:plain

うーん…やはりというか、お役所らしく無難な整理になっていますねえ。
「北朝鮮は国家ではない」というところにドキっとしたり、北極・南極と真面目に書かれているところにちょっと笑ってしまったり。
ただ、いずれにしてもこれらが公に「国」とは別整理(例えば、香港は中国に含まれない)になっているのであれば、正々堂々とカウントすべきと理解しました。
「国」と言って語弊があるなら、「地域」と言い換えても構わない...
いや、向こうの友達等の心情を鑑みれば、「国」と言い切るべきなのでしょう。
(香港や台湾の人は、基本自分を「中国人」とは言いませんし)

これまであまり深く考えていなかったのですが、先のバチカン忘れ含め、このサイトでは色々考えさせられました。

当面の旅行方針

こうやって書くと誤解されやすいのですが、訪問国数を増やすことが旅行の目的ではございません。
それはそれで立派な目的だとは思っているのですが、私の場合、世界一周とかにチャレンジしない限り興味もない国へ無理に行くことはないでしょう。あくまでも、興味がある国(すべて)に行きたいという。
現に、気に入った国はこれでもかと言うくらいリピートしてますからねw

どこかで書いたと思いますが、1回目の旅行はあくまでも「下見」と位置づけ、原則リピートを前提としたもの。
今のところ「2度と行きたくない!」と思った国はないので、1回しか訪問したことがない国についても機会を見て再訪したいと考えています。

一方、当面の方針として行きたい国はまだまだたくさんあるので、体力や情勢、家庭が許す限り初訪問国を優先する予定。
初訪問にはいろんな意味でエネルギーが必要なので、体力があるうち、遅くともリタイアする前には全ての行きたい国を経験しておきたい。

20代の若い頃と比較して明らかに体力が落ちているのを痛感しているので、もっと無理して南米やブラックアフリカ等へ行っておけばよかったと後悔。
シンガポールとか香港とかタイとか居心地が良い国をリピートし過ぎでした。

もっとも、その頃は先立つものがないわけで、今のようにアメックスゴールド祭り携帯MNPキャッシュバックポイントサイト等の錬金術があって、インターネットが普及してて誰でも情報を得られ実行可能な環境だったら、飛行機代の心配をする必要がなかっただろうに…と思うわけです。
今の若い人達がうらやましい…
いや、ずいぶん物価の差が縮まったから「行って来い」なのかもしれないですけどね。
20世紀当時は本当に滞在費用が安く、1週間も過ごせば航空券代のモトが取れたと思えたくらいだったので。

と、話が脇にそれましたが、近日中に実施する夏休み修行は↑の方針に基づく「文化・歴史はどこへやら?」の薄っぺらいもの。
せっかくのヨーロッパなのにもったいないと言われそうですが、温かく見守ってくださいませ。

その他今後訪れたい国リスト等は、改めて地域別に整理中。