スマートフォン解析

不労所得で旅したい!

元バックパッカーが、55ヶ国渡航した経験に基づくマイルの賢い使い方、お得な航空券、海外旅行のノウハウ等を書き連ねてます。現在、福岡で単身赴任中。

【SFC修行2回目:番外編】プーケット国際空港にて至れり尽くせりのVIP待遇

旅程概要

日付 ルート 便名 時刻 予約クラス 運賃
6/26 プーケット-KL MH787 10:25-12:55 格安エコノミー 約6,700円

プーケットでの束の間の休日を終え、次なる修行地クアラルンプールへ向かいます。
この区間を運航しているのは、マレーシア航空とエアアジアの2社のみ(コードシェア除く)。
スタアラが運航してないためPPには全く貢献しない…ということで、時間と運賃の兼ね合いでマレーシア航空を選択。
レガシーキャリアの場合、片道のみだととんでもない運賃を取られるという先入観があったのですけど、最近はそんなことないんですかね。

有償アップグレードオファー

予約後程なく、マレーシア航空から「ビジネスクラスにアップグレードしない?当たるかどうかわからないけど」というメールが届きました。

アップグレード費用は、US$105
コレが高いのか安いのか見当がつかないのですが、少なくともネタになるだろうと申し込んだところ…

出発数日前に、「おめでとう!」の連絡が。
f:id:poyatrip:20160801221554j:plain
っていうか、オファーを受けた人はほとんどいなかったのでしょうね。
当日のビジネスクラスはガラガラでしたから。
むしろこっちが感謝してほしいくらいw

プーケット空港でのVIP待遇

f:id:poyatrip:20160801223852j:plain
チェックインが終わったらお姉さんがやってきて、「ついて来て」と言います。

f:id:poyatrip:20160801223925j:plain
赤い背景に「え?オレ何かしでかした?」とドキッとしたのですが、よく見ると「VIP」の文字が。
「おっ?おっ!VIP!?」
ファストトラックでも通らせてくれるのかしら…と思っていたら。

f:id:poyatrip:20160801224130j:plain
こちらは出国後の写真ですが、なんと保安検査から出国手続きまで付きっきりでケアされました。
専用検査場というのではなく、並んでいる人たちがいるのにお姉さんの権力でごぼう抜き状態w

f:id:poyatrip:20160801224456j:plain
で、最終的に案内されたのはこちらのCoral。
このお姉さんは、ラウンジのスタッフだったのですね。
王様気分を味わえたことで、もう105ドルのモトをとった気分です。

f:id:poyatrip:20160801224642j:plain
欲を言うとこっちのラウンジに入りたかったのですが、マレーシア航空は対象ではないようです。残念。

f:id:poyatrip:20160801224759j:plain
f:id:poyatrip:20160801224836j:plain
f:id:poyatrip:20160801224912j:plain
f:id:poyatrip:20160801224953j:plain
f:id:poyatrip:20160801225018j:plain
が、Coralラウンジも悪くありません。

一方、プライオリティパス所有者向けのラウンジもあるのですが、外から見る限り微妙な感じ。
f:id:poyatrip:20160801225255j:plain

肝心の機内サービス

f:id:poyatrip:20160801225409j:plain
f:id:poyatrip:20160801225444j:plain

写真をご覧になっていただければわかる通り、正直微妙。
国際線とはいえ、所詮1時間半程度のフライト。
過度の期待はしていなかったつもりですが、機内食はもう少し立派なのを出してほしかったなあ。

降機後のサービス

なんと、ビジネスクラス利用者専用のイミグレーションカウンターがありました。
後から調べたら、JAL様の空港案内に記載あり。
f:id:poyatrip:20160801230314j:plain
出国はともかく、入国も優先されるとは!
飛行機を降りた瞬間に庶民に戻るというイメージだったのでビックリ。
ヤフオクとかでバンコク空港のファストチケットを売られているのを見たことがあるけど、こちらはCクラスの搭乗券を見せるだけでOKでした。

105ドルの価値はあったか

結局、機内サービス以外での地上サービスでアップグレード費用のモトをとった感じですね。

と締めようとしたところ、NH国内線の当日アップグレードが9,000円だったことを思い出しました。
これと比較すると、モト(元本)取ったどころか、十分なリターン(利益)を獲得できたと言えるのではないだろうか。
うん。そう思うことにしましょう。

オークション形式のように「出しても良い任意の値段」で申し込むパターンもあるようですが、今回は固定でした。

これまでの記事

www.poyatrip.xyz
www.poyatrip.xyz