スマートフォン解析
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不労所得で旅したい!

元バックパッカーが、55ヶ国渡航した経験に基づくマイルの賢い使い方、お得な航空券、海外旅行のノウハウ等を書き連ねてます。(現在、ビジネスクラスで世界一周中(一時帰国中))

【SFC修行3回目】夏休み修行の準備(バルカン半島編)

夏休み修行の準備をする時期になりました。
バカンスなんですけど、修行ブログらしくするため言い換えてますw
現地通信手段の確保が容易になった最近は、着いてからネットで調べればいいやとロクに事前調査をしなくなってしまいましたが、今回は久々の移動型の修行。
一つでも間違うと帰国できなくなってしまうので、最近にしては珍しくちゃんと調査・予約しました。

何事もなければ、以下のように移動する予定です。

大まかな移動ルート

うち新規踏破国は以下ヶ国
・ハンガリー
・クロアチア
・モンテネグロ
・ボスニア・ヘルツェゴビナ


一瞬通り過ぎるだけのボスニア・ヘルツェゴビナを入れていいのか悩んだのですが、ちゃんとパスポートチェックを経て出入国手続を行うそうなので、正々堂々とカウントしても問題ないでしょう。

移動手段概要

欧州までのフライト

利用航空会社 中国国際航空
キャビン     Cクラス(予約クラスR)
運賃       180,180円
PP(推定)    16,884

区間 時刻 便名 PP 備考
羽田-北京 07:20-10:05 CA422 2,041 -
北京-ブダペスト 13:05-19:40 CA721 6,081(推定) ミンスク経由
ローマ-北京 20:55-12:40 CA940 6,721 -
北京-羽田 14:35-18:55 CA421 2,041 -
予約サイト

中国国際航空公式サイト
https://www.airchina.jp/
(受信用メールとしてGmailはNGっぽいので留意)

羽田-北京は先日経験したので予想がつきますが、北京以遠の長距離便は初めて。
ローマ-北京便は、8月からボーイング787-9型機を使用するそうなので、楽しみ。
でも中身(サービス)は変わらないだろうから、期待の2割引きぐらいで考えておきます。
機内映画も期待できないから、暇つぶし道具を別途用意しなくては。

ミンスクでは機内待機なのか、一旦降機なのかがとても気になります。
こちらは5月に開設されたばかりの路線で、搭乗記が見つかりません。
http://prw.kyodonews.jp/opn/release/201503188625/
どちらにしても、ココはさすがに新規扱いできないですねw

現地移動概要

No 区間 時刻 交通機関 クラス 料金
1 ブダペスト-スプリット 18:23-08:09 列車 2等寝台 18,300円
2 スプリット-ドブロブニク 10:30-14:30 バス - 19ユーロ
3 ドブロブニク-コトル 10:00-11:50 バス - 18.5ユーロ
3 コトル-バール 16:10-17:57 バス - 8ユーロ
4 バール-バーリ 22:00-09:00 フェリー inside cabin beds 117.5ユーロ
予約サイト

1.マックスビスタトラベル(欧州エキスプレス)
https://www.ohshu.com/
2.Getbybus
https://getbybus.com/
3.BusTicket4me
https://busticket4.me/EN
4.Montenegro Lines
http://www.montenegrolines.com/

1.ブダペスト-スプリット
まずは首都のザグレブまで行って、ザグレブからドブロブニクへ…というパターンが一般的のようですが、10年前に後輩から「ドブロブニクよりスプリットの方が良かったですよ!」と聞いていたので、スプリット観光はどうしても外せませんでした。
一方、ザグレブは観光地としては微妙という評価だったので、今回は飛ばそうと。
そういう思いを汲み取ってくれる夜行列車の存在はラッキーでした。
ただし、オンシーズンのみ運行の夜行列車。
ハンガリー国鉄サイトでのオンライン予約を試みたのですが、国際列車で予約できるのは一部のようで希望列車はNGでした。(ザグレブまでなら予約できそうでした)
しかし、翌日になるべく疲れを残さないためどうしても寝台を確保したかったので、予約可能になっただろうと思われる乗車日の2ヶ月前を待って、手配会社に依頼。

どうやら、寝台には以下の3種類があるようです。
1等寝台(2段)
2等寝台(スリーパー:3段)
2等簡易寝台(クシェット:3段×2)
下2つの違いがイマイチよくわかりませんが、現地で明らかににあるでしょう。
価格差は1,000円くらいだったので、そんなに変わらないだろうと思いますが…

欧州で寝台列車に乗るのは初めて。
昔、モロッコで乗ったことがあって、それと似たようなものかなと思ってますが結果やいかに?

2.スプリット-ドブロブニク
よく知られた景勝ルートらしいです。
右側(海側)に座ると良いらしいが、指定席制だとも。

スプリットで必要な観光時間が読めないことからここだけは現地調達しようと思ったのですが、昼間の便が思ったより少なかったのと、日没時刻を考慮し、やはり日中にドブロブニク旧市街の風景をゆっくり眺める時間を確保しておきたかったのとで、昨日ポチりました。

1日に何本も走っているようですが、予約サイトを見ると素性は様々。

①スプリット始発のノンストップ便
②あちこちで停まる便
③ザグレブ始発でスプリットに立ち寄る便

もちろん、①の便を予約。
運賃は若干高めだけど、誤差の範囲。
願わくば、ボスニア・ヘルツェゴビナ国内で休憩時間があることを。

3.ドブロブニク-コトル-バール
今回の修行では、ココが一番のネックと思ってました。
日本国内のサイト・ブログではドブロブニクより南の情報はあまりなく、モンテネグロ国内(コトルより南)に至っては絶望的…
しかし、英語サイトで調べたところいとも簡単にオンライン予約できたという…
本当に便利な世の中になったものです。
特に、ドブロブニクより南の移動について結構苦労されているのを目にしたので、拍子抜け。
これなら、アルバニアへ足を延ばせたかも。
(アルバニアになると、急に不便になるような気もしますが)

ちなみに、コトル(モンテネグロ)はドブロブニクと同様、旧市街が世界遺産に指定されている街だそう。
ドブロブニクよりも美しい」という記事を見たので、ぜひ立ち寄りたかった。
ツーリストだらけであろうドブロブニクよりもゆったりした時間を過ごせそうというのもあります。

4.バール-バーリ
対岸のバーリへは10年以上前に行ったことがあって、「いつかはこのアドリア海を渡ろう!」と思っていました。
今回、その悲願を果たすことになります。逆方向だけどw
一番有名なのは、バーリ-ドブロブニク間のフェリーなのですが、移動予定日が、たまたま運航していない曜日。
そこで、他のルートがないかと調べたら出てきたのが

・バール(bar)-バーリ(bari)
・ドゥラス(durres)-バーリ(bari)

の2路線でした。

踏破国を増やすならアルバニアにあるドゥラスまで足をのばすのが順当なのでしょうが、
アルバニアは、いつかコルフ島(ギリシャ)とセットで行くつもりであること、
そもそもドブロブニクから1日で移動できるのか?心配になったことから、今回は回避。
アルバニアは公共交通機関がpoorだというし。

移動予定日にバール発でちょうど運航していたので良かったです。
オンラインで予約できたのも。
2ベッドを1人で使うので、1.5倍の運賃を取られました。

元来行き当たりバッタリ派で宿泊先すら事前予約していなかったのですが、歳をとると慎重になってしまいますね。
実は、この記事はメモを無くしたとき等の備えだったりします。


次はイタリア編です。