スマートフォン解析

不労所得で旅したい!

元バックパッカーが、55ヶ国渡航した経験に基づくマイルの賢い使い方、お得な航空券、海外旅行のノウハウ等を書き連ねてます。現在、福岡で単身赴任中。

【SFC修行2回目】プーケットの休日(ただし修行中につき実質1日限り…)

f:id:poyatrip:20160721225759j:plain

雨金祭り、最後の追い込みでお疲れではないですか?
そんな時は、旅行記でも読んで一休みしましょう!

と無茶ブリをしつつ。

プーケットの滞在目的

プーケットでは、一か所だけどうしても行きたいところがありました。
それは、オールドタウン。
最近見た『世界ふれあい街歩き』で、まるでシンガポールやマラッカのような味のある街並みが放映されてから、いつかは行きたいと望んでいたのです。
それまではビーチリゾートのイメージしかなかったので、いつか行ければいいや…程度の関心だったのですが、この番組を見て、一気に「行きたい度ランキング」が上昇した次第。

ということで、ビーチリゾートっぽい内容はほとんどありません…

エキゾチックな街並みへGO!

善は急げ、ということで、起きてすぐにオールドタウンへ出かけることにしました。
朝なら気温もそこまで高くないし、雨季であっても降雨の確率が低い時間帯。
今回に限らず、亜熱帯~熱帯域では、観光は早めに行うようにしています。

プーケットタウンというところにあるそうなので、ソンテウ(乗合トラックみたいなもの)に乗っていくことにします。
地図で見るソンテウ乗り場はホテルから結構歩く距離のようで、面倒だなあ…と思いながらビーチ沿いの道路を散歩がてら歩いていたのですが、街中では乗降自由のようで、向こうからやってきたソンテウに乗ることができました。
ノロノロ運転で、いかにも「客拾ってます」って感じだったから、観光客がいきなり乗り込んでも問題ないでしょう。

f:id:poyatrip:20160721221245j:plain

ソンテウってもう少し小さなイメージがあったのですが、コレはバスと変わらない大きさ。
車内に「30B」と書いてあったので、料金の心配もないようです。

40分くらいで着くという情報でしたが、結局1時間くらいかかったような。
f:id:poyatrip:20160721221417j:plain

えーと、オールドタウンはどこだ…って、実は事前調査していなかったり。
小さな街でしょうから、歩けば棒にあたる、的な。

f:id:poyatrip:20160721221500j:plain
f:id:poyatrip:20160721221734j:plain
f:id:poyatrip:20160721221751j:plain
f:id:poyatrip:20160721221832j:plain
f:id:poyatrip:20160721222106j:plain

当たった。ココに間違いない!
中華とマレーの融合に、気持ちばかりタイが入っている感じ。
メンテがやや雑な感じがしますが、廃れた感じが逆にイイ。
余談ですが、初海外以来タイにはまったのは、バンコク中華街、ヤワラー通り裏側などの廃れた街並みにシビれたからなのですよね。

f:id:poyatrip:20160721221633j:plain

テレビ番組でしょうか?
確かに、この風景はテレビ映えするよなあ…と。

f:id:poyatrip:20160721221947j:plain
f:id:poyatrip:20160721222033j:plain
このあたりとか、シンガポール・カトンにそっくりですな。
↓カトン
f:id:poyatrip:20160710230407j:plain

このあたりの写真だけ見て、ココがタイだと思う人はどれだけいるでしょう…
というほど、異国情緒あふれる一帯でありました。
超満足!

思いのほか良かったマッサージ

パトンビーチに戻り、散歩がてらマッサージを受けに行くことにします。
雨季なのに、意外と天気が崩れません。
ラッキーと言うべきなのでしょうが、日焼け対策を全くやってません…

f:id:poyatrip:20160721222429j:plain
足マッサージを受けようとスマホで検索したら、ヒットしたのがこの店。
このエリアでは…と、技術には全く期待していなかったのですが。
スンゴイ良かった!!
いや~ビックリ。
タイ式足マッサージを行う店としては、抜群の技術レベル!!
さすがに本格的な台湾式脚底按摩を行う店には及ばないけど、タイ式でもココまでできるものなのだと新たな発見。
気をよくして、タイマッサージも追加してしまいましたよ。

Twin Heart Thai Spa & Massage(Paradise Complex)

ザ・ロイヤル・パラダイス・ホテル(ひときわ目立つタワー型ホテル)前と言うか麓にあります。


夜のパトンビーチはこんな感じ。

f:id:poyatrip:20160721222841j:plain

バングラ通りという目抜き通りは、ものすごい人・人・人。
繰り出そうとするも、ここにきて昨日の疲れがドっと出てしまい。
眠気には勝てず、9時前にはホテルに戻って就寝するという超健全な夜となってしまいました…
(なので、熱気?活気?のピークを知らぬまま帰国したことになります)

(いつものように)強引にまとめ

  • パトンビーチに滞在するだけなら1日あれば十分かな!?
  • むしろ、ピピ島等周辺の美しいビーチへ訪問するゲートウェイ的な位置づけか
  • プーケットタウンも、宿泊先としては微妙か
  • 一人旅でも十分楽しめ、居心地も悪くない
  • 逆に、子連れにはあまり向かないかなあ…?
  • 予期していたより中国色が濃くて、街中には中国人と中国語が氾濫
  • ただこの地は昔からの移民も多いから、何とも…

次行く機会があれば、もう少しゆっくりと滞在して美しいビーチへ行くことにします。
もっとも、オールドタウンへ行くという目的を果たせたことで、今回は十分満足。

(注)冒頭の写真はプーケットで撮影したものではございません。