スマートフォン解析
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不労所得で旅したい!

元バックパッカーが、55ヶ国渡航した経験に基づくマイルの賢い使い方、お得な航空券、海外旅行のノウハウ等を書き連ねてます。(現在、ビジネスクラスで世界一周中(一時帰国中))

【SFC修行1回目】 OKA-SINタッチ(①OKAタッチ)

[更新]2016年12月18日

修行が無事完了し、全体は以下でまとめています。コチラも併せてご覧くだされば。
www.poyatrip.xyz

修行概要及び費用

【日程】
★6月3日(金) 羽田(6:40)-那覇(9:20)  NH993便
★6月3日(金) 那覇(11:55)-成田(14:35) NH2158便
☆6月3日(金) 成田(18:05)-シンガポール(翌0:15) NH801便
☆6月4日(土) シンガポール観光
☆6月5日(日) シンガポール(0:35)-成田(8:45) NH846便
☆成田~羽田まで移動
☆6月5日(日) 羽田(13:05)-那覇(15:45) NH473便
☆6月5日(日) 那覇(18:20)-羽田(20:40) NH474便
(★が今回分)

【運賃等】126,290円(プレミアムポイント14,624)
羽田-那覇         26,590円(プレミアム旅割28)
那覇-シンガポール   65,510円(往復)
那覇-羽田        30,190円(プレミアム株主優待)
株主優待券         4,000円(金券ショップで購入)

いわゆる、OKA-SINタッチ修行ですね。
GW期間中に修行することを決意し、予約した次第。
週末を絡めて安く予約できる日程はココだけでした。
しかも、最安ではなかったようです。
PP単価は


8.64。
僕自身はPP単価をあまり気にしないのですが、
世の中ではPP単価が一つの判断・評価基準になっているようなので、
念のため記録しておきます。

早朝の羽田空港から

今回の修行で最も心配だったのは、初日の朝、寝坊せずに早朝便に乗れるかどうか。

自宅最寄駅から羽田空港へ行くリムジンバス始発は朝6時過ぎには着いちゃうので、幸か不幸か前泊する必要はなかったのですよね。
そのかわり、朝4時前に起きなくてはならなく…
あと、最寄駅と言いながら自宅からは結構距離があり、30分以上歩く必要があるのですよね。
しかも、バックパックを担いで…

結局、杞憂に終わったわけですが。
始発バスって意外と混雑しているものなのですね。
勉強になりました。

f:id:poyatrip:20160708232624j:plain

さて。
那覇便はプレミアムクラスに搭乗するので、プレミアムチェックイン・プレミアム保安検査とANAラウンジの利用が可能となります。
この時間帯は空いているのであまりありがたみは感じませんが、混んでいるときは重宝しますね。
プレミアム保安検査。

f:id:poyatrip:20160708232813j:plain
ラウンジには、足跡残し程度に立ち寄りました。
出発時間が迫っていたので…

NH993便は定刻出発でした。
早朝の時間帯だからか、滑走路渋滞もなくスイスイ離陸。

同業者が多いのか、プレミアムクラスは満席でした。

f:id:poyatrip:20160708232841j:plain
朝食は凝った和食が出てきて、美味。
ANAのビジネスクラスには、昔海外発券ループしていたとき何度か使ったことがあって、その時に出た機内食(和食)がとても美味しかったことを思い出しましたよ。
「うまみ」ってこう言うことなんだ…
今まで食べた和食は一体なんだったのだろうと。

プレミアムクラスの座席はゆったりしていましたが、一昔前のビジネスクラスという感じでしたね。
革シートの質もイマイチ。
国内線だとこのようなものなのでしょうか。

那覇空港から成田空港へとんぼがえり

f:id:poyatrip:20160708233306j:plain

ともあれ、那覇空港には定刻に到着。
次の修行まで2時間半あるので、モノレールを使って街中へ出られるかな~
と思っていたのですが、雨が降っていたため断念。

f:id:poyatrip:20160708233243j:plain
傘は持っていたのですけど、天気が悪いと散歩は楽しくないし、帰りに行けばいいや、と。

暇つぶしがてら空港内の食堂で何か食べようか…と物色したのですが、開いている店が少なかったのといずれも結構な値段したので、こちらも断念。

結局、ローソンでパンを買ってラウンジへ向かうのでした…

f:id:poyatrip:20160708233212j:plain

那覇空港到着をもってプレミアム資格を喪失していた僕ですが、実は他社スタアラゴールドメンバーでありまして、この資格でラウンジ入室した次第。

f:id:poyatrip:20160708233757j:plain

ココには今回初めて入りましたが、思いのほか狭いですね…
設備は全国共通といった感じでしょうか。
泡盛があったのが、いかにも沖縄らしい。

あと、往路のプレミアムクラスでお見かけした顔がちらほら。
OKAタッチ、同業者ですね(笑)。
ラウンジ資格を持っているということは、既に修行を終えられ、次のステージ(DIA修行とかプラチナ維持とか?)に突入しているのでしょうか。
それとも、当日アップグレードに成功したか…
(僕が見たとき、プレミアムクラスに若干の空席がありました)

当日アップグレードとは、プレミアムクラスに空席があった場合、9,000円払えばエコノミー→プレミアムクラスにアップグレードできるというやつですね。

PP稼ぎに有効な手段として知られているのですが、その場で9,000円ポンと払うのは、それなりに大きな判断が必要ですよね。
9,000円あれば、あんなことやこんなことも…って考えちゃいます。
計画に織込済ならよいのですが、空席状況次第なので最初から予定に入れるのはちょっと危険かな。
僕の場合は、当日アップグレードなくとも50,000PP達成する計画だったので、食指は動きませんでした。
ただ、これも体力が残っているからそう言えるのであって、修行の後半で疲れ切ったときに、楽になるために申込みする…可能性もあるのですが。

さて。

成田行きNH2158便も定刻出発です。

f:id:poyatrip:20160708233351j:plain

乗り込んでみたらほとんど外国人で、ココはアメリカの国内線か!!と思ってしまいました。
成田行きだからなのでしょうね。
米軍関係者や観光客等が乗継に便利と使うのでしょう。

日本人の姿は、CAさん以外ほとんど見かけませんでしたね…

今回からエコノミーと本当の修行に突入するわけですが、結構空いていたこともあって、タブレットでゆったり映画を見ていたらいつの間にか成田に到着していた…と思ったくらい快適な旅でした。
この区間に関しても、つらかった印象はまったくありません。

これなら乗り切れるかも?と思った僕。

この考えが甘かったことに、後から気づくことになります。

f:id:poyatrip:20160708233420j:plain

(続く)