スマートフォン解析

不労所得で旅したい!

元バックパッカーが、55ヶ国渡航した経験に基づくマイルの賢い使い方、お得な航空券、海外旅行のノウハウ等を書き連ねてます。現在、福岡で単身赴任中。

【SFC修行2回目_北京・プーケット】中国国際航空ビジネスクラス搭乗記(その3)総評など

総評と言いながら、実際はタダの感想です。
騙りでスミマセン。
中国国際航空の短・中距離のマイナー路線便に乗られる場合は、何がしか参考になるかもしれません。

実際の搭乗記はこちら
www.poyatrip.xyz

www.poyatrip.xyz

快適に過ごせるが、ハード・ソフトともに価格なりのサービス

正直、思ったほどの満足度は得られませんでした。
同じ中国系でも、キャセイ・パシフィックやエバー航空のCクラスに搭乗
(もちろん海外発券での格安ビジネスクラス)したことがあったりするので、
特にキャセイと比較すると差は歴然。特にソフト面。
個人的にはどうでもよいのですが、



一度も名前で呼ばれなかったですねw
(CクラスではMr.○○と呼ばれるようなイメージを持ってましたが)

時間は意外と正確かも

Cクラスとは関係がないのですが。
これまで何度も乗ったことがあるのですが、ストレスが溜まるほどの遅延にあったことがありません。
運が良かっただけかもしれません。
ただ、ココは、飛行時間を実際よりも相当長めに表示しているような気がします。
北京首都国際空港での遅延等をあらかじめ考慮しているかもしれません。
以前から薄々と感じていたのですが、フライトスケジュールを見て、過去に行ったことがある場所だと
「あれ?こんなにかかったかなあ?」と思うことが多かったので。
だから、定刻通りに出発した2便については、いずれも予定時刻より相当早く到着したという…

コストパフォーマンスは高いので、中距離線以上では積極的に使っていきたい

色々書きましたが、やっぱり価格には勝てません。
日本発のビジネスクラスとしては、CPでココに太刀打ちできる会社は中国以外出てこないでしょう。
満足度を更に高めるには、フルフラットシートを採用している路線・機材を選ぶこと。
夏休みに乗る欧州線はフルフラットらしいので、改めてレポートします。
東南アジア線でも、今度乗るクアラルンプール線や修行に良く使われるシンガポール線はフルフラットだったような。

同じようなPPなら、修行者はANAのYクラスより中国国際航空のCクラスに乗るべし

まあ、これは各人の価値観によりますが。
帰りにクアラルンプール-成田便に乗った後に痛感しました。
ANA便25,000PPの縛りが恨めしいです。
この縛りがなかったら、全部中国国際航空Cクラスで修行したでしょうに…