スマートフォン解析

不労所得で旅したい!

元バックパッカーが、55ヶ国渡航した経験に基づくマイルの賢い使い方、お得な航空券、海外旅行のノウハウ等を書き連ねてます。現在、福岡で単身赴任中。

【SFC修行2回目_羽田~北京】中国国際航空ビジネスクラス搭乗記(その1)

初めて中国国際航空ビジネスクラスを利用した時の搭乗記です。

その後も何度か利用していて、カテゴリー『中国国際航空』(サイドバーまたはTOP>中国国際航空)をクリックしていただければ、他の搭乗記や機材まとめ等をご覧いただけますので、お時間があればどうぞ。

【もくじ】

旅程概要

6/24(金) 羽田(13:55)-北京(17:25) CA182便
6/24(金) 北京(19:40)-プーケット(翌0:40) CA821便

運賃:89,620円(諸税・サーチャージ込)
   →片道換算で44,810円
PP:約5,540
   →まだ加算されていないので、誤差があるかもしれません。
PP単価:約8.1

羽田出発まで

珍しく、体力も気力も充実した状況で空港入り。
これまでは深夜便か早朝便に搭乗していたこともあって、「疲れた・眠い・腹減った」と三重苦の状況で羽田空港国際線ターミナルに到着していたので、まるで全く違う空港に見えましたよ。

早速、チェックイン。
正々堂々と、ビジネスクラス資格でカウンター入りします。
f:id:poyatrip:20160703222240j:plain
北京-プーケットの搭乗券も発行してくれました。
これで、北京空港で面倒な乗継手続きをせずに済みます。

なお、可能な限り荷物は機内預けにせず持ち込むのがポイント。


北京首都国際空港は乗継リスクを考慮する必要があります。

仮にぎりぎり乗継に間に合ったとしても、荷物ののせかえが間に合わず、結果的にロストバゲージの憂き目にあう可能性を考慮するとなると、少なくとも往路の場合は怖くて預けられません。
単なるのせかえ遅れであれば、翌日の便に載せてホテルに届けてくれるので一般的には無問題。
しかし、修行者の場合、ホテルに届けられる頃にはすでに帰国してしまっている場合があるというw
僕の場合も、すぐマレーシアへ発ってしまうのでロストバゲージするとアウト。


さて。
レストラン等のショップが普通に営業していることに驚きつつ、JCBカウンターに地図優待パンフレットをもらいに行ったら…
f:id:poyatrip:20160703223601j:plain
なんと、昼間の時間帯は人がいないんですと。
早朝深夜だけ営業しているんだとか。まあソレが合理的ですよ。
レストランとかもそうすればよいのにね。
ただ、地図優待パンフレットはおいてあるので、自由にとってくださいと。
成田空港より種類が少なかったような…
僕が欲しい地図優待パンフレットはありませんでした。

保安検査場も出国審査も閑散としておりました。
こんなにサクサク行ったのは初めてではないでしょうか。

早速、ANAラウンジに入ります。
インビテーションカードはなく、GH曰く「搭乗券を見せればOK」とのこと。
昼食時なので、さぞ混んでいるのかと思いきや…

f:id:poyatrip:20160703224326j:plain

人っ子一人いませんでした。

f:id:poyatrip:20160703224502j:plain

何人もスタッフが動いている中で、ポツンと一人食事を摂るのは何とも気まずいッス。
その後も、結局1~2人しか来ませんでしたね…
国内線でパンパンなのはわかるけど、昼間の国際線の運用を増やさないと、宝の持ち腐れっすね。

f:id:poyatrip:20160703224954j:plain
ラウンジから搭乗機が見えたので、撮影しておきます。
うーん、小さいなあ…

搭乗記はここから!(北京まで)

f:id:poyatrip:20160703225144j:plain
搭乗開始!
事前にシートマップ見てなんとなく予想してましたが、フルフラットシートではなかったですね。
最近は、Cクラス=フルフラットシートでないと損した気分になってしまいます。

f:id:poyatrip:20160703225404j:plain
ちゃんとウェルカムドリンクが出ます。
若い空中小姐に「オレンジジュースか水か」と言われて?と思ったら、後からベテランの空中小姐に「シャンパンもありますよ」と補足されました。若い空中小姐は研修中だったのでしょうか。慣れない英語を話させてしまい申し訳ない。(僕も、いきなり英語にスイッチしたらド忘れしてしまうでしょう)

f:id:poyatrip:20160703225912j:plain
定刻通り離陸して(少なくとも、プーケット行きに乗りそびれることはなさそう)ホッとしたところで、機内食が出てきました。あらかじめ、空中小姐から個別に3つのメニューの説明を受け、選ぶシステム。英語だけでは、(料理のボキャブラリがすくないため)どんな料理が出てくるか想像できません。中国語でよいから、紙のメニューがあればよかったのに。
飲み物は何が良いか聞かれたので(食後に)ホットコーヒーをと言ったら、なんと食事と一緒に出てきてしまいましたですよw
食前~食後まで、水やジュース等のソフトドリンクが出されることなく…1回しか飲めないのかい!!と。

f:id:poyatrip:20160703230428j:plain
結局、コーヒーに手を付けたのはデザート出てからですよ。
頼めばくれたのかもしれませんが、「マニュアル通りのサービスしか提供しないのよ!」オーラがガンガン出てまして。
パンも1個しかくれなかったですからね…
ビジネスクラス人民もお代わりを求めていなかったので、これが中国クオリティなのかもしれません。
あ。食事は美味で、大変満足でございました。

f:id:poyatrip:20160703230815j:plain
定刻より30分以上早く北京空港に到着。
えっ?もう着陸態勢?とビックリでしたわ。
快適な時間を過ごしているときに限って早く着いてしまうというw
なんと、沖止めでした…日本の首都と中国の首都を結ぶ便なのに…
31℃と言ってました。寒暖がはっきりしている大陸性の気候です。

北京空港での乗継

他の搭乗記含め、まとめて以下に一本化しました。
北京空港での乗継には注意が必要です!
www.poyatrip.xyz


(続く)

参考記事

中国国際航空(エアチャイナ)ビジネスクラス搭乗記一覧

その2、その3(北京空港での乗継、搭乗後の感想など)

www.poyatrip.xyz
www.poyatrip.xyz]

3回目の修行は優雅に欧州(ローマ、ブダペスト)へ!

www.poyatrip.xyz
www.poyatrip.xyz

最終章 クアラルンプールから帰国、全搭乗を振り返る

www.poyatrip.xyz

中国国際航空 機材と便名・目的地の関係まとめ

www.poyatrip.xyz

中国国際航空搭乗に際しての心構え等

www.poyatrip.xyz

2017年修行にも中国国際航空ビジネスクラスは使えます!

www.poyatrip.xyz

2017年中国国際航空ビジネスクラスセール情報

www.poyatrip.xyz