スマートフォン解析

不労所得で旅したい!

元バックパッカーが、55ヶ国渡航した経験に基づくマイルの賢い使い方、お得な航空券、海外旅行のノウハウ等を書き連ねてます。現在、福岡で単身赴任中。

【RED roaming】世界一周やSFC修行・JGC修行等に最適なプリペイドSIMカード(購入方法から設定方法、注意事項まで)

[最終更新日]2017年1月14日
全体的に内容を見直し、世界一周の要素等を追加しました。

これまでの海外旅行やANASFC修行で、飛行機内の『三種の神器』並みに重宝しているプリペイドSIMカード『RED roaming』の紹介です。
訪問国に到着した都度、現地のSIMカードを購入するのが通常ですが、『RED roaming』1枚さえ持っていればわざわざ現地で高いSIMカードを買う必要がない場合が多々あります。
旅行者や修行僧・修行尼に限らず毎年海外へ行く方なら、1枚くらい持っておいても損はないでしょう。

【もくじ】

RED roamingとは

アイルランドのVodafoneが販売しているプリペイドSIMカードで、基本アイルランドで使う用。
一方、「ローミング」の名が示す通り、アイルランド以外でもローミング接続できるようになってます。
ココまでは普通のプリペイドSIMカードと同じなのですが、この先がスゴイのです。

RED roamingの特長

なんと、世界各地において格安の定額料金でデータ通信できるのです。
百聞は一見に如かず。以下が対象地域と1日当たりの定額料金となります。

f:id:poyatrip:20170113234212j:plain

私が購入した頃は欧州+米国ほか数国だけだったのですが、いつの間にかアジアやオセアニア、アフリカや南米まで広がっていています。わが日本を含め、普通の日本人が行くような国・地域はほとんどカバーしていて、カバーしていない国を探す方が大変なくらいです。

【参考】カバーしていない国の例
台湾、マレーシア、フィリピン、ベトナム、カンボジア、韓国

韓国とベトナムは知りませんが、他の国は現地でSIMカードを調達した方が安いレベルなのでデメリットとまでは言えないと思ってます。

RED roamingの利用を特におすすめするケース

欧州周遊旅行や欧州リピーター

これが最も真価を発揮する使い道でしょう。欧州域内はほとんどカバーしていて、しかも3ユーロ弱と安い。欧州に出かける時は周遊まで行かなくても必ず複数国回ってしまうので、これは便利と即決購入した経緯があります。
ただし、欧州であれば全部の国・地域で定額というわけではありませんので、必ず公式サイトで確認しておきましょう。

Pay Less When You Travel with RED Roaming | Vodafone Ireland

私の場合モンテネグロが定額対象外だったのを知らずに入国し、あっという間にチャージがすっからかんに。ヒドイ目にあいました(笑)。

世界一周

言うに及ばず、ですね。
特に中南米を広くカバーしているというのは大きなメリットではないでしょうか。
もちろん、私自身の世界一周のお供にします。
今回はコスタリカ、パナマ、エジプト、UAE+欧州のどっか(未定)を旅し、米国とトルコでトランジットすることにしていますが、このRED roamingはすべてカバーしていて実に心強いです。

マイレージ修行(SFC修行、JGC修行)

修行する場合、現地滞在時間が短い場合が多いと思います。現地でSIMカードを買っても良いのですが、「〇日間●GBでいくら」という商品を購入せざるを得ないため、もったいなく感じてしまうのではないでしょうか。
RED roamingがあれば滞在日数分の定額料金をチャージすれば事足り、1日限りの滞在なら5ユーロで済みます。
ただ、2~3日以上の滞在なら現地SIMの方が良いかも知れません。
タイに2日間いたときは現地SIMにすればよかったと思ったのです。

RED roamingの利用をおすすめしないケース

外でガンガンデータ通信を利用

定額料金で通信可能なデータ量は200MB/dayだけ。
データ量を必要とする通信は宿泊先のwifiを利用し、外ではちょっとした調べものや地図替わりに使う…ような利用方法を想定してます。
数年前ならそれほど意識しなくてもよかったのですが、最近はちょっと通信するだけでガンガンデータ量を食われてしまうので、ヘビーユーザでなくても気を付けなければならないレベルかも知れません。

中国で利用

中国に限り「RED Roaming is available on bill pay only in this country.」という注意書きがあり、プリペイドでは利用できないようです。

RED roamingの価格及び購入方法

eBayでアイルランドの業者から購入するのが一般的なようです。
私自身もそうしました。eBayの利用はその1回きりなのですが、何とかなりましたよ。

購入先はこちらです。どこでも良いのですが、念のため。
Vodafone Ireland SIM - RED roaming - Great rates in Europe, USA and Canada | eBay

17.5ユーロのようです。私が購入した時は送料無料でした。
説明文が私が購入した時のままで古くちょっと不安ですが、対応は早いしフォローもしっかりしていた印象です。

設定方法

利用までの手順は以下の通りです。

渡航前の準備

  1. https://www.vodafone.ie/index.jspの「My account」にログイン。IDは電話番号、ログインパスワードはSellerからメールで伝えられます。
  2. Top upメニューで、必要な金額をチャージ(クレジットカード使用可)
  3. Change roaming planで、RED roamingを「Opt in」する。(Opt outになっていれば、Opt in状態になっているので、何もする必要なし)

渡航後の準備

  1. 端末にSIMカードを差し込む
  2. SMSで「50020」番宛に「RED」の3文字を送信(これで定額プランが適用)
  3. APNを設定→ live.vodafone.com

モバイルネットワークの設定に際し、必要なのはこれだけです。
何も問題がなければ、この時点でネット接続可能になります。
なお、定額プラン適用前にネット接続されるとパケ死するので順序を間違えないようにしましょう。

定額プランをやめるときは、SMSで「50020」番宛に「STOP RED」の3文字を送信します。
データを利用しなければ、「STOP RED」でやめなくても課金されないようですが、私の場合は転ばぬ先の杖ということでストップさせるようにしているところです。

注意事項

思い出す都度追加していきます。
欧州数ヶ国とタイで利用しましたが、まあそれなりに色々ありました。

課金はアイルランド標準時(GMT)が基準

連続した日で使う場合はアイルランドの深夜0:00に課金されるため、アジア等時差が大きい国で利用する場合は注意が必要です。もっとも、注意不足であっても1日分(4.99ユーロ)損するだけなので気にしない方が良いのかもしれません。

SIMフリーまたはSIMロック解除済のスマホ等端末が必要

念のため。

1年間Topup(チャージ)しないと失効

しばらく使わなくてもその後使う予定がある場合は、5ユーロでも良いからチャージしましょう。
1年経たなくても6ヶ月利用がないと発信不可になり、なんとMy vodafoneにログインできなくなってしまいます。
ただしチャージすれば復活し、ログインしなくても電話番号さえわかれば以下のページからTop upできるので無問題です。
Vodafone IE - Quick Top Up

SMS「...EU CAP...」に対する対応

よくわかりませんが、タイ・プーケットで利用していたときにいきなりEU CAPだかのSMSが届き、その後データ通信を使えなくなってしまいました。帰国後、識者により「50193」あてに「NO EU CAP」と言うメッセージを送れば復活することを知った次第です。

RED roamingその他のメリット

  • 現地空港到着後すぐに利用できる
  • 購入時に店員さんとのやり取りが不要
  • 初期設定等の煩わしい手続きも不要
  • これらにかかる時間を短縮

等いろいろありますが、なにより出発前に現地通信手段の心配をする必要がなかったというのがメリットに思えます。
私はTELで利用することはまずないのですが、頻繁に電話を使うのであれば、番号が固定されているコレはメリット大と言うことになるのでしょう。

参考記事

三種の神器(機内睡眠の必需品)

www.poyatrip.xyz