スマートフォン解析

不労所得で旅したい!

元バックパッカーが、55ヶ国渡航した経験に基づくマイルの賢い使い方、お得な航空券、海外旅行のノウハウ等を書き連ねてます。現在、福岡で単身赴任中。

ブログの収益捻出方法について

釣りのようなタイトルですみません。

以下大した内容ではないので、先に謝っておきます。




自分のブログを収益資産にしようと思ったことも、収益資産になるような執筆活動を続けられると思ったこともなかったというのもあるのですが、結構な方がこのようなことを考えて実行していることに驚きました。

「Google Adsense(グーグルアドセンス)」というのも、初耳でした。

クリックだけで報酬がもらえる時代になったのですね…
方や、はてなblogなのに、ドメインがはてなじゃないのはなぜだろう…と首をかしげていたくらいピュアでした(笑)。

ただ、コレってハードルがものすごい高いそうで、先週末に色々と調べてみたのですが、気を使うことや制限・見えないルールも多く、「こりゃあ割に合わないなあ…」というのが最初の感想。

三日坊主やネタ切れで終わらないよう、記事は(ネタが貯まっていたとしても)基本隔日・小出しにするつもりだったくらいズボラなんで。

だがしかし。

せっかく「不労所得」と仰々しいタイトルを付けているからには、僕も実践してみるのも悪くないかな…と思い直した次第。
とりあえず、携帯乞食等で得られた財源の一部を再投資に回すという整理にして、

・お名前.comでドメイン取得
・はてなブログproに切替

をやってみました。
目標は、再投資分の回収、ってところでしょうか。
難しそうですが…

この辺りは、先人の記事などを参考に(というか、そのままパクリ)させていただきました。 感謝。

www.sekai100isan.com

これは特段問題はなかったのですが…

問題なのは、「1,000字以上の記事を書き続けること」ですね。

若い頃は長文も苦にならなかった(書くのも読むのも)のですが、
今やろうとすると、コレはキツイ。

年齢や立場が上がってくるにつれて、
「要点を簡潔に伝える(伝えてもらう)」クセがついた(つけさせられた)
というのもあるかもしれません。

特に、最近はPowerPointを多用するようになってますからね。
Wordで資料を作る際も、最大両面で1枚程度にまとめることが
暗黙の了解になってますし。

そこで、文字数カウントアプリを使いながらセコセコ記事を書いていたのですが、
これぐらい書けば十分だろう!と思ってアプリチェックしても
文字数「627」と無情な表示が…

それでも、5つくらい記事を書くと慣れてきて、十分だろう!と思った時の表示が800→900と増えていった次第。

ただ、ここまで来ると、「冗長な記事だなあ…」
と自己嫌悪に陥りそう。
だって、見るからに1,000文字稼ぐための記事って感じで余計な尾ひれがたくさん。
明らかに読みにくい記事になっているから。
リアルな上司・部下等には絶対見せられませんね(笑)。

そう言えば、昔エンピツ(enpitu)で日記を公開したことがあったのを思い出しました
あの時は、文字数が多くても平気な時代でしたね~。




察しが良い方はおわかりでしょうが、コレも1,000文字練習の一環です。
↑の記事の文字数は、1,000文字を超えていたようです!
(やっと、十分だろう!のレベルが1,000に達しました…)

なので、後日削除するかもしれません。