スマートフォン解析
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不労所得で旅したい!

元バックパッカーが、55ヶ国渡航した経験に基づくマイルの賢い使い方、お得な航空券、海外旅行のノウハウ等を書き連ねてます。現在、福岡で単身赴任中。

【ブログ開設1周年記念投稿】今明かそう!”ブログを開設した本当の理由”について

本日で、ブログ開設1周年を迎えました。

1年を経て、現在

  1. はてなブログ読者数 267273名(記事書いた後に増えました!)
  2. 累計PV数 約70万

のアクセス等をいただいているところで、皆様には本当に感謝しております。
1年前は1年続くとは到底思ってなく、1周年を迎えることになるとは夢にも思いませんでした。

上を見るときりはありませんが、これから述べるような事情等もあり他者ブログの読者登録やTwitter等によるコミュニケーション、オフ会参加等を積極的に行っていなかった状況下においては、出来過ぎの数字だと思ってます。


今回は、1周年記念で良い機会ということもあり、”ブログ開設秘話”を記します。
聞こえがよいように”秘話”と記しましたが、内容はタイトルのまま「ブログを開設した本当の理由」であります。

以下は徹頭徹尾自分語りであり、有益な情報などは全くありません。
むしろ、ある意味「ダーク」な内容も多分に含んでいるので、それでも読んでみたいという方だけ読み進めてくださると幸いです。




実は、この約1年。
プライベートでは、人生最大とも言える苦闘・苦難の年でした。

1 浪人時代の幕開け

社畜生活がある程度長くなると、色々なイベントや節目というものがやってきます。
はっきり申し上げれば、『出世競争』というやつですね(笑。
若い頃は仲良くやっても、一定の年齢になると否応なしに競争にさらされてしまうのです。
主任→係長→課長→部長→…(あくまでも一般的な職位のイメージ)それぞれの段階で、エリミネーションの連続。
しかも上に行けば行くほど色々な要素が複雑に絡み合って、自分の力だけではどうにもならなくなります。

(中略)

とまあ、見出しの通りとなってしまったわけです。
入社以来、ン年かけて●●というポストを目指し概ね順調にステップアップして、直近ではほぼ当確というところまで来たのに覆ってしまったわけです。

転勤とも重なったのですが、閑職のようなところに飛ばされまして。

文字通り、目の前真っ暗。

これまで挫折を経験したことはなくはないのですが、ここまで長期間積み重ねてきたものがガラガラ…というのはこれまでなかったし、今後もないでしょう。「人生最大」と言い切ったのはそれが理由。

こうして、2016年度は失意のうちに始まったのでした。

2 暇なのでSFC修行でもしよう

このような年度でも(こそ)、何か気晴らしが必要。
まあ、私の場合は考えるまでもなく『海外旅』なのですが(笑。

www.poyatrip.xyz

SFC修行に至った経緯は1年前に書いた通りですが、

>5.今般、職場環境の変化によりわりかし有給休暇を取得しやすい環境に

は、実は1で述べたことが背景になっています。
それまでは10年近く激務の部署にいて、たまに海外旅行はできても修行まではムリでした。

3 暇なので陸マイラーにでもなろう

偶然、以下のサイトを見つけたのがきっかけ。

費用かけずに年27万マイル貯める方法!

ズボラな私としては、「5分で読める」というのがツボでした。
個人的には読むのに時間を要するコンテンツは苦手(←あくまでもその人次第なのは認識)なので、今思えば良いときにちょうど良いサイトに出会えたのだなあと。
「これはノーリスクだし携帯乞食が苦しくなった今、次はコレだ!」と家内にも勧めたのですが、全く響かなかったようで「またか…」と白い目で睨まれたのも今となっては良い思い出。

4 暇なのでブロガーにでもなろう

当時はアドセンス収益だのハピ友だのというのは無縁、ピュアな心を持っていました。

>5.今般、職場環境の変化によりわりかし有給休暇を取得しやすい環境に

は、実はブログを開設した本当の理由でもあり、暇だから以下に記載したことでもやろうかな…という程度の気持ちだったりします。

4-1 SFC修行の記録を残そう

1発目の記事に書いた通り、自分自身と後続修行僧のためにSFC修行の記録を残しておこうと思ったのです。
これまでもオンラインでは4トラベラーとして旅記録を残してきたのですが、あちらは写真が中心でこう言った記録を残すのにはあまり適さない…ということで。

4-2 海外発券や他社ビジネスを薦めよう

あと、国内線をひたすら往復したりOKA-SINタッチする先輩方の修行ブログ(当時)を読んで、海外発券とかすればもっと楽しく融通が利く旅行兼修行ができるのに…と思ったというのもあります。

www.poyatrip.xyz

4-3 アメックスゴールド祭り(雨金祭り)で踊ろう

それから、アメックスゴールド祭り(雨金祭り)ですね。
今となっては全く役に立たない情報なのでほとんど下書きに戻しましたが、夏まではほとんど祭り関連の記事で踊ってましたね~

5 暇つぶしのつもりが本業並みのエネルギーを注入

とまあ、失意の中、多少なりとも気晴らしになったり打ち込めるようなものを探した結果が、SFC修行だったり陸マイラーだったりブロガーだったりしたわけです。
本気でブロガーになろうと思ったのは、雨金祭りの先が見えてきた8月中旬。

  1. ブログを書くのが楽しくなったのか
  2. 収益が見込めることが判明したのか
  3. 現実逃避したかったのか

いずれも否定するものではありません。当時はそう思ってました。

ただ、今になって思うのは、ブログ界で結果を出すことが、ひいては本業でのよい結果に繋がるのではないかと思って頑張っていたような気がする…ということ。

逆に言えば、ブログ界で結果が出せないようでは本業など…とシャカリキになっていたのかもしれません。

6 良心の呵責に苛まれるように

こうして、いつしか一定の成果を得られるようになってきた一方、読者やPVが増えるたびに、良心の呵責に苛まれていきます。
それは、本気で取り組んだ原動力が「負のエネルギー」のような気がしていて、負のエネルギーで増えたとしたら…という負い目があったからです。
最初から収益やハピ友目的でブログを開設すればそのような思いはせず、数字が増えるたびに脳内で「チャリーン」という音が鳴っていたことでしょう。(あくまでも自分なら…勝手に思い描いたイメージです。気を悪くしたらすみません)

7 心の中の「影」と共に世界一周へ旅立つ

この1年、心の底から喜んだり笑ったり楽しんだりすることはありませんでした。
何か嬉しいイベントがあったとしても、どうしても心の中に潜む「影」を意識せざるを得なかったのです。

実は、世界一周もそうでした。

www.poyatrip.xyz

出発したのは2月。予約したのは12月だったかな。

2月と言えば、人事等もろもろの正念場。
本当は世界一周などしている場合ではなかったのかもしれませんが(笑。
パナマ運河を見て感動しても、
www.poyatrip.xyz

ザ・セントレジス・アブダビに宿泊して感動しても、
www.poyatrip.xyz

「影」の意識や先の見えない不安等により、心底楽しむことはできなかったのです。

8 ついに浪人生活終了決定の日を迎えた

www.poyatrip.xyz

ブログでは殊更心配性を発揮させましたが、実はこの日が地獄から天国の扉が開かれた日でありました。

天国というのは、自分が拝命しうる最高のポストが与えられ、それは辛苦の浪人生活を補って余りあるものだったたから。

そんなこんなで単身赴任することになるとはつゆ知らず、東京発着の往復航空券を予約しまくったり、

www.poyatrip.xyz

www.poyatrip.xyz

www.poyatrip.xyz

www.poyatrip.xyz

前住所の所在地で開業届等を出してしまい「アチャー」となってしまいましたが、

www.poyatrip.xyz

どうでもよいのです!
(いや、利益/損失に関わらず確定申告のため戻らなくてはいけないので、どうでもよくはないのですが……)

失意のうちに始まった4月は「もう人生終わったな…」くらい気持ちが沈んでいたのですが、神は僕を見捨てていなかったようです。

私の場合、これまでのン十年の人生において、挫折の後にそれを補う良いことが起こることがわりかし多かったのですが、結果的に今回も該当しました。

諸事情により今年が「人生の底」に当たっているという読者の方も一定数いらっしゃるかと思います。
が、陸マイラー活動やブロガー活動、そしてSFC修行等プライベートを充実させる(?)こと、また当ブログを定期購読することにより(??)、良いことが起こるかもしれません。

人生に何が起こるかは、本当にわからないものです。
とにかく、趣味に仕事に全力で打ち込みましょう。

【補足】今後のキャリアパスについて

ここまで書くと「出世のことばかり考えて…」と思われるかもしれません。
が、実はこれ以上は望んでいなかったりします。

私のライフワークは一貫して「旅行」。旅行のために働いているといっても過言ではありません。(家族…とは別の話で)
社畜でいる以上、リタイアするまでは「最も旅行しやすい環境に身を置く」ことが人生最大の目標であり、それを達成するための手段は、上にも下にも気兼ねなく自分の裁量でタイムマネジメントできる立場になること。

あくまでも気兼ねなく旅行可能な立場になるためだけに頑張ってきたのであって、それ以上のものはありません。

一方上へ行けば行くほど良いというのではなく、ウチの会社の場合、あまりにも上過ぎると却って連続休暇を取得しづらくなってしまいます。また判断事項が重要になればなるほど、余暇でもそれが気になって旅行どころではなくなるような気がします。

さいごに「改めて感謝」

浪人生活に光を当ててくれたのは、他でもない読者であったりSFC修行や陸マイラー等同業他者、そしてtwitterのフォロワー様達であります。
心の中に暗い影を抱えたまま浪人生活を送っていたら、現在の自分はなく、また、良質な記事を書かれる同業他者に触発されたことがブロガーとして本気で取り組むきっかけとなり、その結果が本業パフォーマンスとの相乗効果を生んだものと思ってます。

結果的に、皆様と当ブログの存在が精神安定剤として浪人生活を一貫として支えてくれ、心が折れることなく業務等にまい進できる原動力となりました。
ヨコシマな理由でブログを開設した時には全く想定しえなかった効果です。本当に感謝に堪えません。

読み物として多少なりとも面白くするため実は一部フィクションを織り交ぜてますが、感謝の意は100%ノンフィクションであります。

今般、これまでブログではおくびも見せなかった(と思っている)「影」を見せましたが、1周年というまたとない機会にどうしても皆様への感謝の意(本心)を伝えたく、全部ひっくるめて記事にした次第です。

また、浪人生活を送ることがなければ、プラチナ会員になることもなければ世界一周することもなく、また皆様や陸マイルおして雨金祭りの存在も知ることもなかったことでしょう。

そういう意味では、浪人時代が自分の旅人生にプラスに働いたとも言えます。

負のエネルギーがなくなり、今後このブログがどうなるのかは本人にもわからず文字通り「神のみぞ知る」ですが、引き続きご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

(未定)1周年記念イベント

飲み会も純粋に楽しめるようになったので、そろそろ自分の中でオフ会(出席または企画)を解禁しようと思ってました。
と言いつつも「”どこ”でやるか(出席するか)」「需要があるのか」という課題もあり実現は困難かもしれませんが、念のため備忘的に記しておきましょう。